Kurasu  コールドブリュー(水出しコーヒー) のレシピ :ハリオ フィルターイン コールドブリュー コーヒーボトル

Kurasu コールドブリュー(水出しコーヒー) のレシピ :ハリオ フィルターイン コールドブリュー コーヒーボトル

7月 18, 2018 0 コメント

毎日暑い日が続く今年の夏、さっぱり冷たいドリンクは欠かせませんね!

Kurasu Kyotoでも、毎日たくさんのお客様にお楽しみいただいているコールドブリュー(水出し)コーヒー。ハリオ フィルターイン コールドブリュー コーヒーボトル を使えば、実はご自宅でも簡単に作れるんです。家族やお友達との集まりや、暑い中お客様をお迎えするおもてなしにも大変喜ばれます。

今回はKurasuで使用しているレシピを公開!ぜひ試してみてくださいね。

用意するもの 

ハリオ フィルターイン コールドブリュー コーヒーボトル

コーヒー豆 50g (EK #10番挽き、粗挽き)

常温の水 750g

ケトル (注ぎやすいもの)

デジタルスケール

 

1 ) ストレイナーにお好みのコーヒーを挽いて入れ、シリコンフレームにセットしボトルにはめ込みます。

 

 

2)シリコンキャップを開け、そこから常温の水をゆっくりと注ぐ。フィルターから出てくる液体が薄茶色くらいになるように、ゆっくり注ぎます。

 

3)750gの水を注ぎ込んだら、あとはシリコンキャップを閉め、お好みの時間休ませて抽出を待ちます。Kurasuでは8時間~15時間ほど寝かせます。

 

4)寝かせた後は コーヒーの粉が入ったストレイナーを取り外して完成です!

冷蔵庫保管で2日以内に飲み切るのをおすすめします。

濃度調整は水の量を減らしたり、コーヒー豆の量を5g増やしてみたりと、少しの変化で味わいに大きな差が出ます。色々試して、お好みの分量を探してみてくださいね。

水出しは、浅煎りから中深煎りまで、いろいろなコーヒーを美味しく楽しんでいただける抽出方法です。Kurasu Kyotoでは、浅煎りのコスタリカでコクが軽く果実感のある水出しを提供しています。

>>HARIOフィルターイン コールドブリュー コーヒーボトルを見る