ショッピングカート

ショッピングカートは空です。

ショッピングを続ける

2020年も、ありがとうございました!今年最も読まれたブログ記事TOP5と、1年を振り返って、Kurasuからのメッセージ

2020年、誰も想像もしていなかった一年が間も無く終わろうとしています。 辛く、先が見えない時期もありましたが、皆様のサポートのお陰で無事終えることができ、そして前向きな2021年に向かえそうです。 今年、日本国内、そして世界中で最も読まれたブログ記事TOP5に合わせ、Kurasuの一年を振り返りました。 1位.ORIGAMIドリッパー抽出レシピ オリンピック開催の年となり、新しい1年の幕開けに期待が膨らんだ年初。 昨年のWorld Brewers Cup チャンピオンバリスタ、Jia Ning Du さんが使用したことでORIGAMIドリッパーが熱い注目を集め、一躍世界的な人気に。 遊びごころと可能性に満ちたドリッパーはKurasuのバリスタにも愛用者多数。今年後半には柔らかな印象のマットカラーシリーズも登場しました。 2020年最も読まれたブログ記事、堂々の1位はORIGAMIドリッパー抽出レシピでした。 2位.Kalitaウェーブ抽出ガイド  続いてたくさんの方が読んでくださったのが、Kalitaウェーブ抽出レシピ。 定番のステンレスから、優れた金属加工の技術と歴史を誇る新潟県燕市との産業コラボレーションから生まれたKalita TSUBAMEや、素朴な風合いが可愛い砂岩ドリッパー、透き通るような白さのKalita & HASAMI シリーズなど、豊富なバリエーションが楽しめるKalitaウェーブ。それぞれに個性的なストーリーを持ち、しっかり美味しいコーヒーが淹れられる人気のドリッパーです。 Kurasuのバリスタ・TsubasaがKalitaウェーブに代表されるフラットベッドドリッパーへの愛を語るブログ記事「Tsubasa's Blog: フラットベッドのドリッパーが好き!」はこちら。 3月に入り、春めく季節を迎えようとしていた京都。新型コロナウイルスの感染拡大で、これまでとはがらっと変わった生活に。前線で働いてくださっている方、京都への旅行を楽しみにしていたお客様、そして世界中のKurasuコミュニティを、Kurasuにできる形で少しでもハッピーにできたら。そんな思いで、オンラインショップのオーダーにメッセージ入りのドリップバッグを入れてお届けしました。 3位:Kurasuの水出しコーヒーレシピ  マスクをして過ごす蒸し暑さや熱中症対策などが注目を集めた今年の夏。甘くまろやかで、透明感のある味わいが美味しい水出しコーヒーのレシピも人気でした。  Kurasuでは、「おうちコーヒー」を楽しむ人を応援する、コーヒー器具にフォーカスした新店舗、Kurasu Ebisugawaがオープン。カフェでバリスタが実際に使用している器具は、どれもおうちでコーヒーを抽出する際にお使い頂けます。エアロプレスを使ったラテや、限定ドリンクも人気を集めました。 4位.2016年 ワールドブリュワーズカップ 優勝者:粕谷さんのインタビュー・レシピ  ハリオとのコラボレーション商品も発表するなど、日本を代表するバリスタとなった粕谷さん。彼の哲学や4:6式メソッド、大会での実際のスクリプトなどが読めるブログ記事がロングラン人気でランクインしました。 ハリオ ミニドリップケトル・粕谷モデル  12月19日には、KurasuとCOYOTE共同主催、第4回ブリュワーズトーナメントが12月19日(土曜日)に⁠Impact Hub Kyoto(COYOTE the workshop)で開催されます。 感染防止対策のため、今年のブリュワーズトーナメントは無観客で開催予定ですが、過去どの大会でも、出場選手・観覧のお客様が一丸となって楽しみ盛り上げてきたブリュワーズトーナメント。当日の熱い大会の様子をリアルタイムで楽しんでいただける方法をご用意する予定です。ぜひご観覧ください! また、大会で使用される公式のコーヒー豆もオンラインで販売中!選手たちのスキル、会場の熱気を感じながら、ご自宅で実際に同じコーヒーを抽出してみませんか?【イベント公式】第4回 Kurasuブリュワーズトーナメント出場選手使用:エルサルバドル フィンカ・ラ・ラグーナ by COYOTE はこちら 第4回ブリュワーズトーナメント詳細はこちら  5位.HARIOV60抽出ガイド  締めくくりとなるのは、不動の人気を誇るハリオV60ドリッパーの抽出レシピ。 定番のV60シリーズは、国内外のあらゆるコーヒー好きに選ばれる信頼のクオリティです。Kurasuでは、ハリオからKurasu限定の商品まで、品揃えも豊富。オンラインでも、店頭でも、ライフスタイルや好みに合わせたコーヒー器具が見つかります。 来年もどんどん魅力的な商品をご紹介予定です!今年も一年、本当にありがとうございました。いよいよ寒くなってきましたが、暖かくしてお過ごしくださいね。

Tsubasa's Blog: フラットベッドのドリッパーが好き!

こんにちは。KurasuのBaristaの中で1番、平底のドリッパーを愛している Barista のつばさです!! 私も平底好きだよ!!という方は、ぜひお気に入りのドリッパーやレシピを教えてください。さて本題。今日は大好きな平底ドリッパーの中の1つ、Kalita Wave Hasami ドリッパーについて紹介しようと思います!!  今からお話しする内容は Instagram の @kurasujp のアカウントでも紹介した内容なので、見てくれた方には知っている内容になると思いますが、少しまとめてみたのでぜひ読んでみて下さい~!!まずKalita Wave ドリッパーの1番の特徴は、底が平らな事、そして小さい穴が3つある事です。⠀この特徴で、お湯が落ちる速度が一定に制限され、お湯をゆっくりと注いでも、勢いよく注いでも、ほとんど同じ抽出時間でコーヒーを淹れる事ができます。 またコーヒー豆の挽き目に関しても、 粗いもの細かいものどちらを使っても、抽出時間がドリッパーの形状によりコントロールされ、ほぼ一定の時間でコーヒーを抽出する事ができます。⠀抽出時間以外にも底が平らな事によるメリットはあります。それはコーヒー豆全体に均一にお湯をかける事が出来る事です。⠀ ⠀よく目にする円錐形や台形のドリッパーでは、どうしてもドリッパー内の場所によってコーヒーベッドの厚みに差がでてしまい、コーヒー豆全体に均一にお湯をかけるには高度なテクニックが必要になります。 でもカリタウェーブの場合は底が平らな事によって、コーヒーベッドの厚みが、均一に。そしてHarioなどの円錐形のドリッパーに比べて薄くなる傾向にあり、とても簡単にお湯を均一にかける事ができます。 ここまではWaveドリッパーの大まかな形状のお話。⠀じゃあ素材による違いは??ってなりますよね。ぼくもそこが疑問になりました。⠀ドリッパーの素材についての議論になる時に1番に話されるのが、素材の違いによる熱伝導率や比熱の差、重さによる蓄熱性の違い。この辺はカリタウェーブだからどうなるっていうより素材のお話かな、と考えています。⠀なので今回は少し違う角度から。⠀ Kalita Waveのシリーズは通常のモデル以外にも、HASAMI(長崎県波佐見焼)やTSUBAME(新潟県燕三条)など日本の伝統的な物づくりの技術とコラボレーションして作られている物があります。⠀その製品からぼくが感じるのは、単に素材が違う事によって形状が異なるのとは違う、『伝統技術を活かして制作したからこの形状になった。』みたいなところ。言葉にするのが難しいのですが.... 素材の違い以上に、技術由来の意図と歴史を感じる形状の違いに魅力を感じています。⠀ ⠀また小難しい話になってしまいました... ざっくりまとめると、Kalita Waveはどのシリーズを選ぶかによって、(素材の熱云々の話以上に)味の出方が少しずつ変わる。というのがぼくの今の印象です。⠀例えば、Hasamiには甘みが引き出しやすい印象、カリタ & HASAMI ウェーブ 砂岩(SG)ドリッパーはクリーンに抽出できる印象を感じています。長くなってきたので、最後におすすめのレシピを紹介して終わろうと思います~!!- おすすめのレシピ - ⠀ 13.0g / 中細挽き⠀お湯の温度 90~91°C⠀ ⠀0s : ~40g⠀40s : ~100g⠀70s : ~150g⠀ 100s : ~200g⠀⠀ドリッパーにペーパーフィルターをセットしたら、お湯でリンスするのがポイント。⠀⠀ ⠀大きいサイズのドリッパーを持っている方は、コーヒーの挽き目は少し細かめ、お湯の温度は少し高めを。中深~深煎りのコーヒーを淹れる時は、コーヒー豆の量を1.5~3.0gほど増やしてみて下さい。⠀これを読んでフラッドベッド好きがちょっとでも増えたら嬉しいなぁ~! ではまた~!!

Kurasu バリスタのお気に入り:Taichi/ Miyaco シングルドリップ

Kurasuでは様々な商品を取り揃えており、カフェでも実際に使用しているものがほとんど。カフェを訪れるお客様にも、日々たくさんのお問い合わせをいただきます。 バリスタ達も日々実際に器具を使用する中で、それぞれ個人的にお気に入りがある様子。そこで私たちは彼らにインタビューをして、おすすめのコーヒー器具と、それにまつわる思い出を教えてもらいました! 第三回目はTaichi。元気な接客とコーヒーへの情熱で、Kurasu Kyotoをぱっと明るくしてくれる存在です。Taichiのお気に入りは、Miyaco シングルドリップ。急須のようなかわいらしいデザインで、ちょっと一杯淹れたい時に、ひょいと使える気軽さが魅力です。 Miyaco シングルドリップ マホガニー/ホワイトバーチ   Q1. あなたにとってMiyaco シングルドリップが特別な理由はなんですか?僕はこのMiyacoのシングルドリップのケトルが大好きです。この洗練されたデザインにまず一目惚れしました!他の人とはちょっと違うドリップ用ケトルを使いたい、そんな人にとてもおススメしたくて、この商品を選びました。 Q2. Miyaco シングルドリップならではの機能と言えば?この商品の良さは、デザインだけではなく実際に機能的なところです!注ぎ口が7mmと極細なのでコントロールしやすいですし、持ちやすくとても軽いため、女性の方でも片手で簡単にドリップすることができます。 Q3. お客様からはどんなご質問をいただきますか?お客さんに聞かれる質問で、またこのMiyacoのオツな部分でもあるんですけど、ケトル内に入るお湯の量も400mlと、ちょうど一杯淹れられるくらいの量なんですよね。2人分はさすがに淹れられないので、もし興味あれば900mlか1200mlのサイズのケトルがオススメです!そちらの方は直火でもIHでもお湯を沸かすことができるので便利ですよー! Q4. Miyaco シングルドリップが気になっている、という方に一言!Miyacoのケトルはカワイイし、機能的だというのはお伝えしたんですが、さらにこれ、めっちゃめちゃ安いんです!普通ドリップケトルって5000円以上するものが多いんですけど、これはその値段を下回ってくるのが憎いです。笑初心者の方にも、普通のケトルに飽きた方にも超オススメです! 商品を見る