ショッピングカート

ショッピングカートは空です。

ショッピングを続ける

Barista Blend インタビュー : Ayaka

こんにちは。 ロング企画、バリスタブレンド。 2ヵ月間でしたので、長いかな、と思っていたのですが、 あっという間に時は流れ最後の一人になりました。 まだ寒い2月から、春になるまで、買ってくださった皆様、本当にありがとうございました。 この企画はひとまず終了します。そしてKurasuとしての新しいハウスブレンドライトが出来上がっていきます。 日々進化し続けるKurasuをこれからもよろしくお願いします。   さて、Kurasuといえば、のこの方。Ayakaにインタビュー。 出来上がったブレンドを想像しながらぜひお読みください。Barista Blendを通してもっとバリスタを知ってもらい、Kurasuについても、コーヒーについても楽しんでいただけると嬉しいです。  _____________________________________________ Q1. Ayakaの好きなコーヒーの味は? A1.優しい甘み、しっとりとした酸、ほどよくコクのあるコーヒー (一緒にコーヒー飲んで、おいしいね〜って笑顔になっているAyakaの顔が浮かびます。 コクのあるコーヒー。今までのメンバーにはない表現ですね。)    Q2. 今回のブレンドで目指したコーヒーの味は? A2.派手さはないけれど、毎日飲みたくなる、寝起きで飲んでも寄り添ってくれるような味を目指しました。 (実は私、先立って、少し飲ませていただきました。ものすごく上品でした。うまく言葉やものに例えることができなかったんですけど、本当に美味しかったです。)   Q3. 今回はパッケージの配色も考えていただいています。配色で気をつけたところは? A3.真っ白をメインにすることで印象を優しめにして、飲む人自身がそのコーヒーを自分のスタイルで楽しめるように感じていただけたらいいなと思いました。 (白、ものすごく新鮮ですよね。味の流れが目に見えるようで素敵です。色も優しい!!)     Q4. 初めてブレンドを作成して感じたことは?  A4.このブレンドを初めてカッピングした時、愛情が溢れ出てきてびっくりしました。またぜひ挑戦したいです。  (楽しそうにカッピングされてましたもんね。溢れ出た愛情が皆様にも届きますように!!!)    Q5. 最後に一言!! A5.このたびKurasuのジェネラルマネージャーに就任しました。なかなかお店でお会いする機会も減りましたが、大好きなKurasuをもっと盛り上げていくのでよろしくお願いします! (わーーーーおめでとうございます!!表でも裏でも活躍してKurasuを支えているAyaka。是非コーヒーをぜひ飲みにきてくださいね。)     _____________________________________________   ありがとうございました!是非、お店でお待ちしております!      

スペシャルカッピング・トークセッション:グアテマラの小規模農家生産者団体GOOD COFFEE FARMS

9月23日(月)はスペシャルカッピング・トークセッション!Kurasu Kyotoにて、特別なゲストをお招きして開催します。お越しいただくのは、グアテマラの小規模農家生産者団体 Good Coffee Farms の代表であるCarlos Melen(カルロス・メレン)さん。グアテマラ出身のカルロスさんは、18歳の時に日本への旅行をきっかけに北海道に移住。以来、日本を拠点にサステナブルなコーヒー生産をサポートする活動を行っています。小規模農家と協力し、技術、精製方法など様々な面で生産をサポートし、クオリティの向上を図っているGOOD COFFEE FARMS。全ての豆は、トレサビリティが徹底して管理されています。今回のカッピングで取り扱うのは、グアテマラから自信を持って届けられた逸品揃い。マイクロロット、ナノロットの稀少な数量でのカッピングです。豆は全て買付可能。ご紹介いただく農園はどれも世界で初めてという貴重な機会ですので、ぜひお見逃しなく。トークセッションでは、GOOD COFFEE FARMSのサステナブルな取り組みについて掘り下げます。SCAJ参加時にも特に熱い注目を浴びていたのが、彼らが使用する、環境に優しく、かつ金銭的な負担の少ない新アイデア、ドライ・バイシクル・パルピング。自転車を動力とする脱穀機で、大量の水や電力を消費することなく、また精製由来の水質汚染などの環境問題も解決できる素晴らしい方法です。電気・燃料・水不要・二酸化炭素排出ゼロの新しい試みを。サステナブルな未来と美味しいコーヒーを、ぜひご一緒にKurasu Kyotoで!開催日時:9月23日(月)18:30- (約1時間30分予定)定員:20名参加費:500円開催場所:Kurasu Kyoto 京都市下京区 油小路通塩小路下がる東油小路町552番地 (https://goo.gl/maps/oc9ZgGombMr)お申し込みはcafe@kurasu.kyotoまでEメールをお送りください。ご予約の際はお名前・参加人数、また、緊急のためのお電話番号の御記載をお願いいたします。

Kurasu主催、第一回ブリュワーズトーナメント

 (English follows) Facebook - https://www.facebook.com/events/1233192973490878/ Kurasu主催、第一回ブリュワーズトーナメントがMTRL KYOTOで開催されます!コーヒー業界の中には様々な大会が存在しています。ラテアート、バリスタチャンピオンシップ、ロースティング…その中でもコーヒーを提供するにあたっての原点である「抽出」に注目して大会を開催します。全員が当日発表される同じ豆を使い、どんな抽出器具を使っても OK。参加枠はコーヒー関係のプロ、ご自宅でコーヒーを淹れるのが大好きというアマ問わず皆が一緒になって作り上げるこのイベントは、垣根を取り払い、自分の楽しみ方を思い切り表現できる素晴らしいチャンスです。同じコーヒーでこんなにもいろいろな淹れ方があるんだ…こんなにも味が変わって来るんだ…と、コーヒーの奥深さをぜひ体感してみてください。観覧費:1000円 (MTRL KYOTOにてワンドリンク付き+ Kurasuから粗品を差し上げます)こちらにて必ず事前登録をお願いします:http://ptix.at/JXWI6mブリューイングを観覧していただくだけではなく、ワークショップや解説等、参加してくださる皆さまが楽しめるセッションも予定しています。出場申し込みトーナメント出場費:1500円12月5日11:59PM応募締め切り、12月6日に18:00-Kurasuのインスタグラムのライブストリームにて抽選を配信します。出場資格:コーヒー関係者、バリスタ、ホームブリュワー(ご自宅でコーヒーを淹れている方)問わず、美味しいコーヒーを淹れるのが好きな方。申し込みはこちらから:https://goo.gl/MMRGcr大会側で支給されるものグラインダーマルコニック社 EK43水:MTRL KYOTO会場内の水道水、もしくはクリンスイ(浄水)。その他必要であればご持参ください。出場者個人でご用意いただくものドリッパー、フィルター、水(お好みのものがあれば)、ケトルその他お好きな抽出器具使用する豆は、当日大会開始1時間前の18:00に発表され、それぞれ200gが支給されます。その後1時間の練習・準備時間が与えられます。<FORMAT/大会概要>1. 大会は複数ラウンドの勝ち抜き戦です。2. 各ラウンドで、出場者3名ずつが同時に抽出を行います。3. 抽出には7分間が与えられ、その時間内に準備、抽出、サーブ全てを行います。4. 時間切れとなった後は、3名のジャッジに対し、同じ見た目の容器にそれぞれの出場者のコーヒーがサーブされます。5. ジャッジはそれぞれのコーヒーを抽出者が分からない状態で評価し、3杯の中で最も良いと思うものを選びます。6. 3,2,1の合図で、ジャッジは一斉に選んだコーヒーを指さします。7. 勝者は次のラウンドへと進み、敗者はそこで出場終了となります。 <RULES/ルール>1. 挽いたコーヒーと水のみが使用可能です。2. どんなタイプのフィルターを使用しても構いません。ペーパー、 メタル、クロス、エアロプレス、その他どのようなものでも使用可能です。3. 出場者は、個人のグラインダー、ケトル、スケール、水、その他抽出器具に関して各々の私物を持ち込み、使用することができます。4. 大会で指定され、支給される豆以外の使用は不可です。5. 出場者は、支給されるサーバーに最低200mlのコーヒーを抽出します。6. 制限時間をこえて抽出されたコーヒーは失格となります。7. 以上のルールに違反した場合は、失格となります。<JUDGING/ジャッジ>Judge:WEEKENDERS COFFEE 代表 金子将浩さんCOFFEE COUNTY 代表 森崇顕さんBeyond Coffee Roasters 代表 木村 (BUNN) 大輔さん1. 各ラウンドにおいて、ジャッジは標準的なカッピングの技術を用いてテイスティングを行います。2. 抽出者の名前は各カップの底面に完全に隠れた状態で記載されています。3. スコアシート・ジャッジ基準はありません。ジャッジは、個人的に好きで飲み干したいと思うカップを選びます。4. 各ジャッジが各々の結論を出し、ジャッジ同士が話し合うことはありません。5. 3,2,1の合図で、ジャッジは一斉に選んだコーヒーを指さします。6. ジャッジ終了後、MCが一番多くのジャッジに選ばれたカップを持ち上げ、底面に記載されている名前を読み上げます。7. 各ジャッジがそれぞれ異なるカップを選んだ場合、同点となり、MCまたは事前に選出されたヘッドジャッジがテイスティングを行い、勝者を決定します。優勝者にはKurasuより賞品と盾が送られます。一人でも多くの人に、コーヒーの楽しさを伝えたい。コーヒーを、より多くの人に開かれたものにしたい。そんな思いを抱きながら、様々なイベントを開催する傍ら、長らくあたため、育ててきたのがこのトーナメント。記念すべき第一回、是非遊びにきてください!   Our very first...

x