ショッピングカート

ショッピングカートは空です。

ショッピングを続ける

Kosukeの焙煎コラム:不自由の中にこそ本当の自由がある

みなさん、こんにちは。   Kurasuのこうすけです。   今日は焙煎の話を少し。   日々、焙煎をしていると、自分は頭が固いなと思うことがよくあります。   一回、こう!だと思うと、方向転換するのに時間がかかるタイプです。   自分が正しいと思う方法に固執して、無駄な(実際には無駄ではない)時間を消費してしまうことが少なくないです。   でも、そんな自分とももうかれこれ29年の付き合いです。   最近ようやくうまい具合に乗りこなせるようになってきました。   焙煎士として、常に柔軟な発想で生豆と向き合いたいという思いと、ついつい顔を覗かせる自分の頑固な部分。   そこのギャップを埋めるために、最近はあえて焙煎に制限を課しています。   例えば、一番簡単な方法としては火力の固定。   生豆はやはり一つとして同じものはなく、火が入りにくい豆から入りやすいものまで、千差万別です。   火が入りにくい豆があれば、その分、火を使えばいいような気もしますが、そこをあえて火力を固定する。   あえて火力を固定することで、火力を上げる以外に、より多くのエネルギーを与える方法を考える。 もちろん、それでは解決しないこともあるし、すでに納得しているつもりだった豆がさらに良くなったりすることもあります。   あれ、こないだまでのやつ、全然、良さ引き出せてなかったやん、、、。て、なります。   そんな感じで色んな部分を固定していく。   幸い、規律や習慣は重んじるタイプなのが功を奏して、この方法がしっくりきています。   一見、何かを決めるということは不自由なように思えます。   火力を上げれば解決するような問題を、上げないで解決する方法を探る。   そこに時間を使い、知恵を絞る。   これまで試したことがない方法を試す。   これまで変えなかった部分を変える。   そうすることで今まで見えなかった部分が見えてくる。   不自由を乗り越えるその過程には、自由が溢れています。   Kosuke   追伸:Ethiopia Karamo Natural 自由な味がします。

2020年も、ありがとうございました!今年最も読まれたブログ記事TOP5と、1年を振り返って、Kurasuからのメッセージ

2020年、誰も想像もしていなかった一年が間も無く終わろうとしています。 辛く、先が見えない時期もありましたが、皆様のサポートのお陰で無事終えることができ、そして前向きな2021年に向かえそうです。 今年、日本国内、そして世界中で最も読まれたブログ記事TOP5に合わせ、Kurasuの一年を振り返りました。 1位.ORIGAMIドリッパー抽出レシピ オリンピック開催の年となり、新しい1年の幕開けに期待が膨らんだ年初。 昨年のWorld Brewers Cup チャンピオンバリスタ、Jia Ning Du さんが使用したことでORIGAMIドリッパーが熱い注目を集め、一躍世界的な人気に。 遊びごころと可能性に満ちたドリッパーはKurasuのバリスタにも愛用者多数。今年後半には柔らかな印象のマットカラーシリーズも登場しました。 2020年最も読まれたブログ記事、堂々の1位はORIGAMIドリッパー抽出レシピでした。 2位.Kalitaウェーブ抽出ガイド  続いてたくさんの方が読んでくださったのが、Kalitaウェーブ抽出レシピ。 定番のステンレスから、優れた金属加工の技術と歴史を誇る新潟県燕市との産業コラボレーションから生まれたKalita TSUBAMEや、素朴な風合いが可愛い砂岩ドリッパー、透き通るような白さのKalita & HASAMI シリーズなど、豊富なバリエーションが楽しめるKalitaウェーブ。それぞれに個性的なストーリーを持ち、しっかり美味しいコーヒーが淹れられる人気のドリッパーです。 Kurasuのバリスタ・TsubasaがKalitaウェーブに代表されるフラットベッドドリッパーへの愛を語るブログ記事「Tsubasa's Blog: フラットベッドのドリッパーが好き!」はこちら。 3月に入り、春めく季節を迎えようとしていた京都。新型コロナウイルスの感染拡大で、これまでとはがらっと変わった生活に。前線で働いてくださっている方、京都への旅行を楽しみにしていたお客様、そして世界中のKurasuコミュニティを、Kurasuにできる形で少しでもハッピーにできたら。そんな思いで、オンラインショップのオーダーにメッセージ入りのドリップバッグを入れてお届けしました。 3位:Kurasuの水出しコーヒーレシピ  マスクをして過ごす蒸し暑さや熱中症対策などが注目を集めた今年の夏。甘くまろやかで、透明感のある味わいが美味しい水出しコーヒーのレシピも人気でした。  Kurasuでは、「おうちコーヒー」を楽しむ人を応援する、コーヒー器具にフォーカスした新店舗、Kurasu Ebisugawaがオープン。カフェでバリスタが実際に使用している器具は、どれもおうちでコーヒーを抽出する際にお使い頂けます。エアロプレスを使ったラテや、限定ドリンクも人気を集めました。 4位.2016年 ワールドブリュワーズカップ 優勝者:粕谷さんのインタビュー・レシピ  ハリオとのコラボレーション商品も発表するなど、日本を代表するバリスタとなった粕谷さん。彼の哲学や4:6式メソッド、大会での実際のスクリプトなどが読めるブログ記事がロングラン人気でランクインしました。 ハリオ ミニドリップケトル・粕谷モデル  12月19日には、KurasuとCOYOTE共同主催、第4回ブリュワーズトーナメントが12月19日(土曜日)に⁠Impact Hub Kyoto(COYOTE the workshop)で開催されます。 感染防止対策のため、今年のブリュワーズトーナメントは無観客で開催予定ですが、過去どの大会でも、出場選手・観覧のお客様が一丸となって楽しみ盛り上げてきたブリュワーズトーナメント。当日の熱い大会の様子をリアルタイムで楽しんでいただける方法をご用意する予定です。ぜひご観覧ください! また、大会で使用される公式のコーヒー豆もオンラインで販売中!選手たちのスキル、会場の熱気を感じながら、ご自宅で実際に同じコーヒーを抽出してみませんか?【イベント公式】第4回 Kurasuブリュワーズトーナメント出場選手使用:エルサルバドル フィンカ・ラ・ラグーナ by COYOTE はこちら 第4回ブリュワーズトーナメント詳細はこちら  5位.HARIOV60抽出ガイド  締めくくりとなるのは、不動の人気を誇るハリオV60ドリッパーの抽出レシピ。...

GO TO GESHA VILLAGE

みなさん、こんにちは。 Kurasuのこうすけです! 今日は焙煎室がある日突然、Gesha Villageになった時の話をします。 、、、ん?という感じでしょうか? まず、本題に入る前に、みなさん、「プロファイル」という言葉を聞いたことがありますか? 簡単に言うと、「焼き方」のことです。 この豆は最初から強火でいけるな、とか この豆は最後もそんなに火力を下げない方がいいな、とか 素材の個性を最大限引き出せるように、日々、焼き方を試行錯誤しています。 もちろん、正解はなくて、僕たちの目指す美味しいに近づけるための試行錯誤です。 色んな焼き方を試してみて、これだ!という焼き方に辿り着けば、それをパソコンのソフトを 使って事細かに記録しておきます。 その記録のことを「プロファイル」と呼んだりします。 で、話を伏見区Gesha Villageに戻します。 だいたいいつも、僕は次の焙煎のことを考えています。 特に発売前の豆のテストローストをしている時なんかは、四六時中、どう焼こうか、どうしたら良いのかということに頭を悩ませています。焙煎日の前夜にフッとアイディアが降りてきた時なんかはもう寝れません。翌日の焙煎が楽しみで、寝つきが悪くなって、寝不足で出勤するのが毎回のパターンです。 先日、発売してすでに凄い勢いで売れているEthiopia Gesha Villageも、最初はなかなか満足のいく焼き方を見つけられませんでした。 前に誰かに聞いた情報とかこれまでの記録を見返しているうちに、その日もフッと降りてきたのです。 早速、翌日の焙煎で試しました。 10バッチ目くらいで、ようやくGesha Villageの番が回ってきて、豆も上手く焼かれる気配がしているのか、なんだか嬉しそうです。 前半は予想通りに焙煎が進行してくれて、いよいよ最終盤。 豆がハゼ始めて、デヴェロップメントタイムが進んでいきます。 1分9、10、12、14、16秒と進んだ、次の瞬間です。 突然、焙煎機からお花畑、いや、もはやGesha Villageにいるんじゃないかと錯覚するようなフローラルで甘い香りが放たれ始めました。 釡を開けたら、豆じゃなくて、花びらが出てきたらどうしようかと思いました。 思っただけです。 実際に出てきたのは豆だったので良かったのですが、本当にそれくらい良い香りが焙煎室いっぱいに充満してました。 ちなみにそれから数日後に保管しているコンテナを開けたら、バナナの香りがしました。 この体験は焙煎士だけの特権です。 皆さんと共有出来ないのは残念ですが、でも、工夫次第で誰でもGesha Villageに行くことが出来ます。 以下、その方法です。 <Gesha Villageへの行き方手順> 1、KurasuのオンラインサイトでEthiopia Gesha Village Chaka Naturalを購入する。 2、届いたら焙煎日を確認する。 ・焙煎日から7日以内のものが届いた場合、最低7日目までは開けずに我慢する。 ・焙煎日から7日経っているものが届いた場合、もう準備万端です。 3、鼻をかむ。 4、袋を開ける前に、勢いよく袋をシャカシャカ振る。 5、間髪入れずに鼻を袋に近づけたら、勢い良く袋を開ける。...

Kurasu VLOG -- 新しいコーヒー: Kenya Karogoto AA / Honduras Oscar Andres Carballo Alvarado

  1:20 Kenya Karogoto AA 3:27 Honduras Oscar Andres Carballo Alvarado 6:10 焙煎のアプローチ / Approach of roasting process 9:56 2つのコーヒーのテースティング / Tasting the 2 coffees   今回のKurasu VLOGでは先週リリースしたばかりの新しいコーヒー Kenya Karogoto AA Honduras Oscar Andres Carballo Alvarado を紹介します。 ケニアはニエリのカロゴトファクトリーからのもので王道のケニアのブラッドオレンジの要はシトラスは味わいのなかに青リンゴみたいな落ち着いた酸味が特徴的です。 ホンジュラスはCopan Coffee Fest というHonduras西部の産地が集結した地域の品評会で4位を取ったコーヒーです。買い付けたインポーターは90点、品評会の平均点数は87.21点。かなり質の良いナチュラルのコーヒーです。 是非お試しいただきたいです。