New snacks on sale now for a limited time! Use code NEW for 15% off.

スタンダート マガジン ジャパン 第13号


コーヒー好きなら見逃せない情報がいっぱい!STANDART JAPAN

 

第13号:コーヒーにまつわる迷信、コーヒー生産地として新たに注目を集めるペルー、居場所としてのコーヒー、気候問題、おもてなし輝く5つのビジネス、ダイバーシティとコーヒーの関係が生み出した個性あふれるストーリーが満載

 

コーヒーの迷信

コーヒーにまつわる迷信をワールド・バリスタ・チャンピオンのGwilym Daviesと一緒に解いていく記事の続編(初回はStandart Japan 第12号に掲載)。今回はカプチーノやタンピング、エスプレッソにまつわる迷信とその真偽について。

ペルー

世界有数の豊かな生物多様性と美しい景観を誇るペルーは、2010年に同国産のコーヒーがSCAの品評会で「Coffee of the Year」を獲得して以降、高品質なスペシャルティコーヒーの生産国として注目を集めるようになりました。その一方で官民両セクターにはびこる汚職や腐敗から組織への不信感は高止まりの状態にあり、生産者の70%が協同組合などの組織に属さずに農業を営んでいます。そんなペルーに広がるスペシャルティコーヒーの今。

Meet Your Barista

自閉スペクトラム症の影響で中学校生活からの離脱を余儀なくされつつも、コーヒー焙煎を通じて自分の居場所を見つけたHORIZON LABO創設者の岩野 響さん。彼はどのようにして詩、写真、ファッションと、さまざまな表現手段を自在に操るようになったのでしょうか。そして岩野さんが大切にする「余白」の意味とは。

コーヒーはどこへ消えた?

気候変動の影響で2050年までにアラビカコーヒーの栽培適地が半減してしまうというコーヒーの「2050年問題」がささやかれていますが、実際に気温や降水量の変化はコーヒー栽培にどのような影響を与えているのでしょうか? この記事では1950年から2015年のハワイのコーヒー生産にまつわるデータをもとに、その実情に迫ります。

ホスピタリティ最前線

レストランやホテル、バーなどコーヒー以外のホスピタリティ業界では、今何が話題になっているのでしょうか? ウェルネスやエンパワメント、サステイナビリティをキーワードに、ユニークで先進的な取り組みを行う 5 つのビジネスに注目しました。

ボスでいるということ

福岡の人気カフェNO COFFEEオーナーの佐藤慎介さんによるエッセイ。アパレルや玩具の世界で15年のキャリアを積み、30代後半でコーヒー業界に飛び込んだ佐藤さんの仕事の哲学やコーヒーを通して実現しようとしていることについて。

シャウト!

コーヒーライター、クリエーターとして活躍し、ジェンダー平等のメッセージが込められた虹色のカッピングスプーンの開発者としても知られるウメコ モトヨシさん。ウメコさんは今、コーヒーの「品質」の捉え方について、怒りを抱えているようです。彼女のありのままの叫びに耳を傾けてみましょう。

コーヒー界のニューロダイバーシティ

スペシャルティコーヒー業界には、さまざまな趣味趣向や能力、背景を持った人たちを受け入れられる力が備わっています。 そんな業界で、ADHDや自閉スペクトラム症といった学習症を持つ「ニューロダイバース」な人々は日々どのように生活し、それぞれの症状と向き合っているのか。そして職場は、どのようにニューロダイバースな人たちを支えているのか。この長編記事では「脳の多様性」がもたらす利点や才能に光をあてつつ、コーヒー界のニューロダイバーシティの現状を追います。

はじまりはいつも夢の中

コーヒーの世界はアイコニックな建築物や空間デザインで溢れています。気づかないうちについスマートフォンを掲げて写真を撮ろうとしてしまっていた、なんてことが誰にもありますよね? このフォトエッセーでは無数にあるそんな施設の一部を取りあげ、それぞれの空間のコンセプトや狙い、設計図、そして夢が現実のものとなった姿をご紹介します。

24/7

コーヒープロフェッショナルの一日を写真で追うシリーズ記事。初回は和歌山県の小さな集落でロースターカフェTHE ROASTERSを営む神谷 仁子さんの一日に密着しました。

Meet Your Guest

昆虫食専門ブランドANTCICADAの代表を務め、22 年もの昆虫食歴を誇る篠原祐太さん。今や各種メディアにも登場する篠原さんですが、つい数年前までは昆虫を食べているという事実さえ公にしていませんでした。本当の自分をさらけ出せずに長年ストレスを感じていた彼がカミングアウトに踏み切ったきっかけや食べることと知ることの関係、さらには昆虫食を提供する魅力について聞きました。

最後の手紙

かつて愛した人から遠く離れ、都会での生活を始めたある男のショートストーリー。自分の存在をうやむやにしてくれる都会の喧噪を心地よく感じながらも、拭い切れない寂しさからコーヒーを軸に新たな出会いを夢見る日々を送る主人公。そんな彼が別れた恋人に送った最後の手紙。

ウシュウシュに魅せられて

エチオピア生まれコロンビア育ちの「ウシュウシュ」という珍しいコーヒーに恋い焦がれたコーヒーラバーが、このコーヒーを求めて14か月の間に4か国9軒のロースターを巡った旅の記録。

ミュンヘン

ドイツ・バイエルン州の州都には、ビールとオペラ以外にもたくさんの魅力が。コーヒー片手に、中世の通りとモダンなスポットを巡る旅へ出ましょう。

(公式ウェブサイトより抜粋)

 

About Standart

 

現代はデジタルで溢れかえっています。優れたコンテンツは、じっくりと腰を据えて読む価値があると信じているStandartにとって、紙媒体こそが、洗練されたデザインを通して世界中から届く素晴らしいメッセージを伝える最適な手段だと考えています。120ページ以上もの美しくデザインされた1冊の本には、インタビューや知的好奇心を刺激する記事、世界都市ガイドやショートストーリーといった様々な角度から捉えたコーヒーの魅力がぎっしり詰まっています。Standartは、ニューヨーク、ロンドン、メルボルン、東京などで活動する才能溢れるアーティストやライターといったコントリビューターたちによって支えられています。

 

現在、Standartのお取り扱い店は世界53カ国以上に広がり、創刊した2015年と翌年2016年には、コーヒーニュースサイトのSprudgeより、Best Coffee Magazines部門のSprudgies Awardsにノミネートされました。2017年3月にStandartは日本語での販売を開始します。この日出ずる国に根付くコーヒーへの情熱と活気の溢れるコミュニティーの一員になるべく、Standart Japanの創刊号が日の出を見るのです。

 

 

Standart Japanの見どころは? 

 

Standart Japanは、スペシャルティコーヒー文化の美しさをそれぞれ異なる視点から3つのチャプターに分けて読者にお届けします。


ひとつ目はCoffee(コーヒー)。コーヒーの生産方法から豆の種類、輸送、焙煎、飲み物として消費者に提供されるまで、いつも飲んでいるコーヒーに関する基本的なことから最新の研究結果や問題など、コーヒーをもっとよく知るためのチャプターです。

ふたつ目はPeople(人)。カウンターの向こう側のバリスタたちやロースター、インポーターや生産者、メーカーやショップの経営者といった人たちが、コーヒー業界をより複雑に、より面白く形成しています。業界のトップランナーとのインタビューや技術的な指南など、コーヒーに関わる全ての人々に注目するチャプターです。

最後はWorld(世界)。コーヒーは世界中で楽しまれています。様々な国や地域で、コーヒーの文化が育まれ、歴史を作り、コーヒーを中心として世界中がひとつの大きなコミュニティとなってきています。このチャプターでは、カフェインでスッキリさせた頭とクリアな視界で世界を観察し、読者と世界中を旅します。

(公式ウェブサイトより抜粋: https://www.standartmag.jp/products/standart-magaz...

 

記事はすべて日本語です

 

詳細

言語:日本語

出版:日本、2020年7月

状態:新品

Customer Reviews

No reviews yet
0%
(0)
0%
(0)
0%
(0)
0%
(0)
0%
(0)

Search our shop