スタンダート マガジン ジャパン 第2号

Standart


22 個在庫あり


コレクション:



コーヒー好きなら見逃せない情報がいっぱい!Standart Japan

About Standart

現代はデジタルで溢れかえっています。優れたコンテンツは、じっくりと腰を据えて読む価値があると信じているStandartにとって、紙媒体こそが、洗練されたデザインを通して世界中から届く素晴らしいメッセージを伝える最適な手段だと考えています。120ページ以上もの美しくデザインされた1冊の本には、インタビューや知的好奇心を刺激する記事、世界都市ガイドやショートストーリーといった様々な角度から捉えたコーヒーの魅力がぎっしり詰まっています。Standartは、ニューヨーク、ロンドン、メルボルン、東京などで活動する才能溢れるアーティストやライターといったコントリビューターたちによって支えられています。

現在、Standartのお取り扱い店は世界53カ国以上に広がり、創刊した2015年と翌年2016年には、コーヒーニュースサイトのSprudgeより、Best Coffee Magazines部門のSprudgies Awardsにノミネートされました。2017年3月にStandartは日本語での販売を開始します。この日出ずる国に根付くコーヒーへの情熱と活気の溢れるコミュニティーの一員になるべく、Standart Japanの創刊号が日の出を見るのです。


Standart Japanの見どころは?

Standart Japanは、スペシャルティコーヒー文化の美しさをそれぞれ異なる視点から3つのチャプターに分けて読者にお届けします。

ひとつ目はCoffee(コーヒー)。コーヒーの生産方法から豆の種類、輸送、焙煎、飲み物として消費者に提供されるまで、いつも飲んでいるコーヒーに関する基本的なことから最新の研究結果や問題など、コーヒーをもっとよく知るためのチャプターです。

ふたつ目はPeople(人)。カウンターの向こう側のバリスタたちやロースター、インポーターや生産者、メーカーやショップの経営者といった人たちが、コーヒー業界をより複雑に、より面白く形成しています。業界のトップランナーとのインタビューや技術的な指南など、コーヒーに関わる全ての人々に注目するチャプターです。

最後はWorld(世界)。コーヒーは世界中で楽しまれています。様々な国や地域で、コーヒーの文化が育まれ、歴史を作り、コーヒーを中心として世界中がひとつの大きなコミュニティとなってきています。このチャプターでは、カフェインでスッキリさせた頭とクリアな視界で世界を観察し、読者と世界中を旅します。

第2号

気になる第2号は、コーヒーの専門用語について学ぶことから始まり、タンピングやエスプレッソの謎に迫ります。コーヒー生産地の特集はパナマ!⠀The Coffee Collective協同創設者てあるKlaus Thomsen氏とのインタビューや、エアロプレス・チャンピオンシップの軌跡、フォトエッセーでは、温故知新をテーマに、国内のカフェ・喫茶を珈琲の詩と共にご紹介。そして三つの都市から見た日本のコーヒー史などなどなど、盛りだくさんです!
第2号は、ヨーロッパにおけるサードウェーブ のパイオニアでもあるBonanza Coffee Roastersと、ProbatグループのKirch und Mausserがタッグを組んでスポンサーしていただいています。(公式サイトより)

 

詳細

言語:日本語

出版:日本、2017年7月 (第二号)

状態:新品