Regalia ワークショップ at Kurasu Kyoto

Regalia ワークショップ at Kurasu Kyoto

8月 18, 2019 0 コメント

とても貴重なワークショップのお知らせです。

ニューヨークで新しく立ち上がったシェアロースターリー、トレーニング施設を兼ね備えるRegalia CoffeeのオーナーPaolo MaliksiさんにRoast Developmentのレクチャー、Decent DE1PROのデモ、そして Roast Defect Kitのカッピングのワークショップを行っていただきます。

Regalia CoffeeはPaoloさんとScott Rao氏が共同で立ち上げたプロジェクトでSprudge等コーヒー業界から現在大きな注目を浴びてきます。Paoloさん自身はGeorge Howell CoffeeでGreen / QC managerまたBusiness Development責任を担当されており、コーヒー業界に長く携わっている方です。

内容としてはプロ向けのものが多いですが、もちろんカフェ業界に携わっていない方も大歓迎です。なかなか日本のプロ向けワークショップでも取り上げられないトピックもありますので、是非この機会に参加ください。

ワークショップの内容:
1. Roast Development, and how it pertains to Green Buying, Roasting, and Baristas
Paoloさんの豊富な経験をもとに”Roast Development”を主に、生豆の買い付け、焙煎、バリスタやカフェでの実際の提供など総括的な考え方をお話いただきます。

2. ”Flow Path" through the Decent DE1PRO,
Scott Rao氏がプロダクトデザイナーとして関わっているDecent DE1PROはタッチパネル式で抽出時の圧力、温度、そしてさらにはフロー(圧力と抵抗の働き)などがグラフで可視化でき、コントロールできる画期的なエスプレッソマシンです。従来エスプレッソマシンでは圧力などのインプットは変えることはできても、様々な要因によりフローというアウトプットの部分をコントロールするのは難しいものでした。Decentのソフトウェアと使い、エスプレッソのフローパスを知ることで抽出効率に関してさらに突き詰めましょう。

Decent Espresso:
https://decentespresso.com/overview

3. Cupping of the Roast Defect Kit
PaoloさんとScott Rao氏が共同で開発したRoast Defect Kit。Scott Rao氏主筆のCoffee Roaster's Companionでも重要なツールとして取り上げられており、焙煎はRegalia CoffeeでPaoloさんがされています。Underdeveloped, Baked, Excellentの3つのコントロールされたローストとプロファイルが明確になっているキットで、現在品切れ状態が続いています。今回は焙煎をしたPaoloさんと一緒にカッピング、ディスカッションをします。

Scott Rao: Roast Defect Kit
https://www.scottrao.com/blog/2018/6/3/roast-defect-kit-2

日時:
8月21日 (水曜日)6:00 PM - 約2-3時間

応募方法:
参加費用: 4000円
先着20名
必ず cafe@kurasu.kyoto まで
Regalia ワークショップ参加希望 とのタイトルにて
お名前、緊急のための電話番号を記載ください。また、ワークショップ内容を拝見されて、もしこういう部分をもっと掘り下げてほしい等ございましたら、ご連絡ください。事前Paoloさんと共有させていただきます。(任意です)
先着なのでお早めに。

場所:
Kurasu Kyoto
京都市下京区東油小路町552 京都駅より徒歩5分
https://goo.gl/maps/GgDbzPKKVmJdSkS4A

Regalia Coffee:
https://regaliacompany.com/

Sprudge: Inside Regalia Roasting Collective, A Shared Roasting Space In Long Island City
https://sprudge.com/inside-regalia-roasting-collective-a-shared-roasting-space-in-long-island-city-139999.htm