ショッピングカート

ショッピングカートは空です。

ショッピングを続ける

Kurasu Journal

TERRA COFFEE ROATERS(大阪): 2022年6月 Kurasuパートナーロースター

今月の#クラスパートナーロースターは、大阪・江坂のTERRA COFFEE ROATERS。 同店で、ヘッドロースター兼クオリティーコントロールを務める山本順平さんにお話しを伺いました。 実は、同じ小川珈琲出身の先輩ということで、尊敬の意を込めて、いつも通り、順平さんと呼ばせていただきます!   「人間力」 僕が順平さんの存在を知ったのは、前職の小川珈琲に所属していた時でした。働いていた時期が違うので、直接、店舗でお会いすることはなかったのですが、当時、コーヒーを始めたばかりで、やる気に満ち溢れていた僕にとって、ベルリンのPopulus Coffeeで焙煎されている凄い先輩がいるという噂はとても刺激になったのを覚えています。   あの時、順平さんが焙煎された浅煎りのホンジュラスを飲んで、僕は進むべき道を決めることができました。 インタビュー中、「人間力を上げたい。」と仰っていましたが、順平さんはその行動力で、僕を含め、多くの後輩に勇気を与えて下さっていましたよ。   さて、今回、順平さんからご紹介いただく豆は、エチオピアとケニアの2種類です。「せっかくなら、自分たちならではの豆を届けたい。」ということで、Populus Coffeeオーナーのヘンリック氏を通して、フランス・ボルドーの商社から買い付けたというナチュラルプロセスのエチオピア。日本では流通していない銘柄とのことで、僕も飲むのが待ち遠しいです!そして、もう一つは、今季、Kurasuでも販売予定のケニアのコーヒー。強いローストに負けない、はっきりとした酸の輪郭とボリューミーな甘さが印象的とのこと。   最後に、「僕たちの焙煎は甘さとテイストバランスにフォーカスしているので、少しでも皆さんに伝わればいいかな。」と語る順平さん。後輩の身分で失礼ながら、最後まで、控えめで、どこまでも真面目な人でした。 僕がコーヒーを続けてこられたのは、その時々で、目指す人がいたから。厨房で、毎日、サンドウィッチばかり作っていた僕の背中を押してくれたのは、間違いなく、遠く離れたベルリンでご活躍されていた、順平さんの存在があったからです。 四年越しで、ありがとうございます

実は深い、Hario Switchドリッパーの使い方

こんにちは! 今回ご紹介するのは『Hario 浸漬式ドリッパースイッチ』 スイッチ、皆さん使ったことはありますか? そのユニークな見た目と、手軽な抽出方法で発売から一気に人気を博したドリッパーです。 どんなところが人気のポイントなのか、実際にコーヒーを入れながらその特徴をちょっとマニアックな話も交えつつ Head  Barista Tsubasa が解説! 欲しいけど悩んでいる方や、既に持っているけれど使い方がワンパターンになっているなと感じている方、必見です! -+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+- ・スイッチならでは 3つの大きな特徴 スイッチドリッパーには上記の通り、大きく3つの特徴があります。その中でも聞き慣れない言葉、「浸漬式」と「透過式」についてご説明します。 「浸漬式」とは、フレンチプレスやサイフォンなど、コーヒー豆をお湯に漬けて抽出する方法のこと。 「透過式」とは、皆さんに馴染みのあるハンドドリップがそうで、コーヒーの入ったドリッパーの上からお湯を注いでいって抽出する方法のことです。 この2種類の抽出方法は、名前が違うだけでなく、コーヒーの味の出方も全く違います。 次に準備するものをご紹介します。 動画の中で使用している器具はこちら! ・ドリッパー:「Hario 浸漬式ドリッパースイッチ」 ・グラインダー:「Varia Hand Grinder」 ・ペーパーフィルター:「CAFEC 円錐形フィルター  アバカフィルター」 ・コーヒー豆:「グアテマラ アントニオ・コロム [浅煎り]」 動画のとおりお家で再現してみたいという方はぜひチェックしてみてくださいね。   『Let's drip!!』 準備はいいですか?それでは実際に淹れてみましょう! ・スイッチドリッパー抽出方法 まずは、コーヒー豆10gを94クリックで挽きます。 ※挽き目はこちらを参考にお手持ちのグラインダーで挽いてみてください 1「浸漬式」の淹れ方 ①ペーパーフィルターをセット ② 94℃の熱いお湯でリンス&スイッチドリッパーを温めます※Point!: スイッチはサイズが大きくガラス製なのでドリッパーの温度を上げる為にしっかりお湯を入れて温めてください。 ③ドリッパーが温まったらスイッチを下げてお湯を落とします ④10gの挽いた豆をドリッパーに投入※Point!:お湯を入れ始める前に、スイッチがしっかり上がっているか確認してください。 ⑤タイマーをスタート。全体にお湯が行き渡るように注いだら、あとは15秒かけて160gのお湯を一気に注ぎいれる ⑥タイマーが2分になったらスプーンで全体を大きく3往復攪拌 ※Point!:ドリッパー全体を大きく動かすようなイメージで攪拌してください。 ⑦2分15秒になったら、スイッチを下げて落ちきりまで待って抽出完了!  ...

【※受付は終了致しました】Kurasu Ebisugawa2周年記念特別企画!『Tsubasaのハンドドリップワークショップ』

こんにちは!来たる7月10日はKurasu Ebisugawaの2周年記念です!!わーーー♪いつもご来店、ご利用頂き本当にありがとうございます。   周年記念の特別企画として、今年は久しぶりにワークショップを開催させていただくことになりました!しかも、講師はHead BaristaのTsubasaです。Tsubasa自体、なかなかEbisugawaに立つことがないのでそれだけでもスペシャル! ワークショップのテーマは『ハンドドリップ』おうちコーヒーをされている皆さんなら、もっと上手になりたい!思うような味に淹れられない…などのハンドドリップに対する同じ悩みをお持ちのはず!! そんな皆さんの悩みを解消し、必ずレベルアップできるとTsubasaお墨付きワークショップです。 お一人でじっくり習うのも、お友達とご一緒にワイワイ楽しんで頂くのも大歓迎です♪ ふるってご参加ください!   -+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+- 【ワークショップの概要】 『ハンドドリップワークショップ by Head Barista Tsubasa』基本的な淹れ方は知っているけれど、何か味に納得いかない方、もっと美味しいコーヒーを淹れたい!という方。お家コーヒーが必ずレベルアップできる方法を教えます!初心者というよりは、おうちでコーヒーを既に淹れている方向けのワークショップです。日時:2022年7月8日(金) 11:00~12:00 場所:Kurasu Ebisugawa 〒604-0815 京都府京都市中京区山中町551金額:3000円 (イベントで使用するエチオピア・ハロベリティ100g付き!)お支払い方法:当日Ebisugawa店にてお願いします。クレジットカード可。募集人数:5名使用する器具:HarioV60使用するコーヒー豆:エチオピア・ハロベリティ<浅煎り> 【お申し込み方法】 こちらのGoogleFormからお申込くださいメールや電話では受け付けておりません。何かご不明な点などございましたら、店頭のスタッフまたはGoogleFormからお送り下さい。   2周年記念の詳細はまた後日、別のブログでご案内させていただきますのでお楽しみに! 皆様にお会いできるのを楽しみにしております♪

Coffee Journey with Reika 第5回『豆のまま派?挽いてもらう派?』

皆さんこんにちは! 焙煎サポートのReikaです。 Coffee Journey、とても久しぶりの更新です。 ファンの皆様、お待たせしてすみません! 第5回目は『豆のまま派?挽いてもらう派?』がテーマです。 皆さんは普段コーヒー豆を購入する時はどうされていますか?ちなみに私は◯派です。ふふふ、答えばこの後のブログの中で♩ さて、どちらの方がより美味しいコーヒーを楽しめるのか。 豆のままの場合と挽いた場合との違いを検証して、更に美味しく飲んでもらえる方法を考えました。 1 それぞれの良い点、悪い点を洗い出す まずは、豆のまま購入し自身で挽く 良い点 ・自分で好きな挽き目や器具に合わせた挽き目に調整できる ・焙煎日からの風味の変化(エイジング)を楽しめる 悪い点 ・毎回挽くのが面倒 ・持っているグラインダーの性能に左右される 次に、お店で挽いてもらう 良い点 ・挽き目が均一で微分も少なめ ・毎回挽く手間がない 悪い点 ・時間の経過と共に香りが消えてしまう ・美味しいうちに飲みたいと思うと焦る ・挽き目の調整ができない   2 改善方法を考える! ※ここでは双方から一つずつ悪い点をピックアップしてみました   ・豆のまま購入した際の課題『微粉』 豆のまま購入する場合に考えられる課題の一つに、 「持っているグラインダーの性能に左右される」というのがあります。 具体的にどう悪いかというと、カフェで使用されているようなグラインダーと違い、家庭用のものは挽き目の均一が低く、お店のそれと比べると微粉がより多く出てしまう。 では、どうしたら良いのか? 改善策:それは “少し粗目に挽く” です! ただそうなると、どうしても味が薄くなってしまいがちなので多めに豆を使用して濃度を調整して頂く必要がありますが微粉の対策にはなります! ・挽き豆で購入した際の課題『美味しい期間が短い』 お店で購入の際に挽いてもらう場合に考えられる課題の一つに、 「粉にしてしまうと美味しい期間が短い」というのがあります。 皆さんはすでに挽いてあるコーヒーを、普段どのように保存していますか? そのまま常温の方がほとんどでしょうか。今回は、常温、冷蔵、冷凍の3つのパターンで風味にどのような変化が出るのか検証してみました!   (検証memo) 使用した豆:『エチオピア ハロべリティ[浅煎り]』 エイジング:焙煎から一週間経過したもの 気になる検証結果はこちら!! 豆を挽いてから...

Meet Kurasu Partner: Danshari Coffee

Kurasuのコーヒーを提供してくださっている世界中のKurasuパートナーをご紹介する"Meet Kurasu Partner"。 本日のパートナーは、ベトナム・ホーチミンのDanshari Coffee(ダンシャリコーヒー)さんです! 特徴的な店名は、日本語の「断捨離」から名付けられています。 若い世代の中で育まれるミニマリストでサステナブルなライフスタイルを、カフェのコンセプトに取り入れたDanshari Coffeeさん。シンプルなデザインの中にも木の温もりを感じられる店内で、美味しいドリンクやフードを味わえると話題のカフェ。トレンドの最先端を走るおしゃれな空間は、連日多くのお客様で賑わっています。 「私たちはKurasuのコーヒーの品質や迅速なサービスにとても満足しています。」 そんなDanshari CoffeeさんとKurasuがパートナーシップを開始してから、早2年。 エスプレッソからフィルターコーヒーまで、Kurasuのコーヒーを最高に美味しく提供してくださっています。 コーヒー以外にも、チョコレートやティードリンク、またフードも豊富に揃えており、何度通っても飽きないメニュー展開が魅力的。全て材料選びからこだわって提供されています。 日本から遠く離れたホーチミンで、Kurasuのコーヒーを2年以上も取り扱ってくださっているDanshari Coffeeさんには感謝の思いでいっぱいです。コロナ禍でお互いに行き来できない中でも、コーヒーを通して繋がりを深められています。たくさんの愛と感謝を胸に、これからも最高に美味しいコーヒーをお送りしますので、ホーチミンにいらっしゃる方、行かれる方は、ぜひDanshari Coffeeさんでコーヒーブレイクをお楽しみください! Danshari Coffeeさんについてもっと詳しく知りたい方は、ウェブサイトとインスタグラムをぜひチェックしてみてください。こちらもとってもおしゃれですよ!         Danshari Coffee Saigon 156B Lý Tự Trọng, Phường Bến Thành, Quận 1, Thành phố Hồ Chí Minh, Vietnam8:30-22:00 (Daily)  Danshari Coffee Cho Lon Số 133/3, Hẻm 133, Nguyễn...

とろっと甘い、Kurasuのネルドリップレシピ

『ネルドリップで淹れる、美味しい浅煎りコーヒー』 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ こんにちは! 新商品とレシピのご紹介です! 東京で38年もの間、多くのファンを魅了した「大坊珈琲店」が監修するネルフィルター。素晴らしい職人技に惚れ込み、この度少量限定で入荷致しました。 ・ネルフィルターとは? ペーパーよりも目が粗いネルは、コーヒーオイルを通すため口当たりがまったりとしていて、飲みごたえがあるコーヒーを抽出します。ボディまでしっかりと感じることができ、「ハンドドリップにおける究極の抽出方法」とも称されています。 ネルドリップと聞くと、喫茶店でマスターが極深煎りのコーヒーをじっくりと抽出しているようなイメージを抱く方が多いのではないでしょうか。なかなか浅煎りのコーヒーをネルドリップしているお店ってないですよね。 そこで今回、Kurasuがネルドリップで美味しく浅煎りコーヒーを淹れることに挑戦!50回以上も検証を重ね、とろっと甘いコーヒーが淹れられるレシピが完成しました。 ・どんなコーヒー豆がおすすめ? 特におすすめするコーヒー豆はエチオピアとインドネシア。 繊細で綺麗なフレーバーを持ちつつも、質感の部分ではその繊細さが少し物足りない印象に感じてしまうこともあるコーヒーをネルで抽出するとうっとりとするような、とろみのある質感に仕上がります! ・Let's brew! それでは早速レシピのご紹介です。 コーヒー豆 13g お湯  208g (92度) 挽き目: Filter grindより少し細かい程度の挽き目 〜準備〜 ・ネルフィルターをお湯でリンス。触る事のできるぐらいの温度になったら絞って水分を出す、その後タオルなどに挟んで周りについている水分も取れると尚良い。 (絞る時、火傷しないように要注意です!) ・お湯は92度、使用するケトルの中に 208g、量って入れておく。 〜スタート!〜 0:00- timer start  蒸らし:  コーヒー豆全体を濡らすイメージで、円を描くようにお湯を注ぎます。ネルの下からポタポタと落ち出すぐらい目安。もし量るならコーヒー豆の1.5 ~ 2 倍量。  0:40-  もう一度全体にお湯をかけるイメージで、円を描くように注ぐ。ネルの下から線になってコーヒが落ちてくるぐらいまでが目安。 線になって落ちてきたタイミングで、中心一点に注ぐように切り替える。コーヒーベットの高さを一定に保つイメージで中心に注ぎ続ける。 2:00- 注ぐのをやめる。(ケトルの中にお湯が少し残っていても、OKです。) 2:30-2:45 お湯が落ちきったら抽出完了。 最後に、ケトルの中に残ったお湯で濃度を調整する。(少しずつ足して自分の好みの濃度にするのがおすすめ)   【ちょっと気になるPoint!】 Q「お湯をあまり足したくないな。」 A:ケトルの中に残っている以上にお湯を足したくなれば、挽き目を少し粗くしてみたり、温度を下げる、注ぎのスピードを意識すると美味しくなります。 Q「たくさん飲みたい、2杯どりはどうしたら?」 A:フローレートが早いので、比率さえ守れば2杯分とかでもレシピ通りの時間の目安で抽出することができます。1:16...

K COFFEE(奈良): 2022年5月 Kurasuパートナーロースター

今月の#クラスパートナーロースターは、奈良・大和郡山のK COFFEE。 オーナーの森さんは、30歳まで、お好み焼き屋を目指していたという何とも興味深いご経歴の持ち主です。SHU・HA・RI 辻本さんからご紹介いただきました。改めて、このご縁に感謝です。   「ここでしか飲めない、はない。」   そう語る森さんのことを、自分とは正反対な人だと思いつつも、その柔らかさと力強さの入り混じった独特な個性が羨ましくも思えました。インタビュー中、僕がする質問に対して、「みんな、難しく考えすぎている。」と、一見、何も考えていないかのように答えをはぐらかしながらも、どう言葉にするべきかを考えて下さっている森さんのお顔は真剣そのもの。 印象的だったのは、「今でこそ、ミルクやお砂糖も何でもOK。」と断言される森さんですが、「当初は、最高の状態のものだけを飲んで欲しくて、ドリップバッグや挽き豆で販売することすら嫌だった。」と仰っていたこと。それを聞いて、森さんのコーヒーがこんなにも円やかで、力強いのは、きっと、今に至るまでの悩みや葛藤がカップに映し出された結果なのだろうと感じました。時間を掛けて、積み上げた「自信」があるからこそ、多くの人のコーヒーライフに寄り添うことができるんだと思います。   今回、森さんからご紹介していただく豆は、グアテマラとインドの2種類です。グアテマラは、森さんをご紹介して下さったSHU・HA・RI辻本さんからの購入ロットとのこと。もう一つは、インドのアナエロビックプロセスという珍しいコーヒーです。僕の知る限り、Kurasuのサブスクリプションでは初めての取り扱いではないでしょうか。入港したばかりのフレッシュなニュークロップとのことで、とても楽しみです。   最後に、「特別なものではなく、日々のちょっとした幸せみたいな、しみじみとした幸せ、その人のコーヒーライフにちょっとした幸せが訪れたらいいなって思います。」と語る森さん。僕が出会ったコーヒーピーポーの中で、最もゆるくて、コーヒーが大好きな人。グラフのどちらにいようが、やっぱり、僕には、一番端にいる人がかっこよく見えてしまいます。まだまだ語り足りないですが、続きは、きっと、コーヒーが教えてくれるはずです。世界には、かっこいい人が沢山いるなあ。

『Prismo』ってなーに?

『これひとつあるだけでおうちコーヒーがグッと楽しくなる』 ---------------------------------------------------- こんにちは! 皆さん、『Prismo』ってご存知ですか? なんとなく聞いたことある方も多いと思いますが、実際にどんなことができるアイテムなのかKiguのNaruoが詳しく紹介してくれていますので、そろそろおうちコーヒーをバージョンアップさせたいな、少しマンネリしているなと感じている方必見です! ---------------------------------------------------- Prismoってそもそもなに?    Prismoについて語る前に、まずは世界的に人気のコーヒー器具「AEROPRESS」について簡単にご紹介します。「AEROPRESS」は、元々フリスビーを作っていた会社の社長が発明したコーヒー器具。そのユニークな見た目と抽出方法が話題になり、今では世界大会が行われるほど。 『AEROPRESS』についての詳細はぜひ商品ページでご確認ください PrismoはそのAEROPRESSに装着して使うもの。いわばアタッチメントですね。  それでは『Prismo』について詳しくご紹介していきます。   ・商品の特徴 ①ステンレスフィルター なんと言っても大きな特徴なのがこのフィルター。 通常、AEROPRESSは専用の丸いペーパーフィルターを使って抽出するのですが、Prismoを使用すればステンレスなので洗って繰り返し使える、ペーパーレスで環境にも優しい器具です。   ②特殊なバルブ 「流れ出るコーヒーを食い止める」という役割を持っています。どういうことなのか、具体的に説明するとこうです。 通常のAEROPRESSの淹れた方 1.ペーパーフィルターをセット 2.お湯を注ぐ 3.プランジャーを上に差し込む この後、1〜1分半落ちるのを待ってから押し出すという工程になります。 しかし、上記写真でも分かるように、この時点で既にお湯が下に落ちてしまっています。 実はこれがAEROPRESSの弱点とも言えるところ。 自分が淹れたいコーヒーの味をコントロールするためには、このようなイレギュラーな抽出も加味して抽出方法を考えなくてはいけません。そういったものはできるだけ無くしていきたいものですよね。 では、先人はこの問題をどうやって解決してきたのかと言うと、下記の画像のようにします。 お分かり頂けましたか? まず、逆さまにセットしコーヒーを入れてお湯を注ぎ、サーバーを逆さまに載せてぐるっと回転させます!写真で見てお分かりかと思いますが、この方法、なかなか怖いですよね。 Naruoも動画の中で話していますが、回転時に盛大にこぼして失敗する方も多いそう…AEROPRESSあるあると言ってもいいほどだとか。せっかく淹れていたコーヒーが台無しですし、きっとお部屋が大変なことになることでしょう。想像してみるだけなら面白いですね(笑)   ジャジャーン!! そこで登場するのが『Prismo』です! 使い方も至ってシンプル。通常のAEROPRESSの淹れ方はそのまま、フィルターの部分だけPrismoに代えるだけ。Prismoなら押すまでお湯が漏れることがありません。 そのため、簡単にコーヒーを淹れることが出来て、ひっくり返してこぼす危険性もありません。 とても便利なアイテムです。 ・味の検証 今回のレシピは上記の通りです。抽出方法は下記の3パターンで検証しました。 「気になる味の味の違いは?」 ◯Prismoのみの場合 ステンレスフィルターの為、コーヒーオイルまでしっかりと抽出されていてまろやかで、甘みやコクが強調された味わいになっています。 ◯ペーパーフィルターのみの場合 柔らかい酸味を感じつつ、フルーティーでまろやかな味。今回の検証では、甘みというよりはフルーティーさが優った味になりました。 ◯Prismo+ペーパーフィルター ステンレスとペーパーのフィルター2枚使いに挑戦。味は比較的ペーパーフィルターで淹れたものに近く、この中では一番クリーンな印象になりました。後味もスッキリで雑味を感じないコーヒーになりました。 ・今回の検証のまとめ 今回、Prismoのご紹介を兼ねて上記の3つの抽出方法を試してみました!どんなコーヒーが飲みたいか、ぜひその日の気分や好みで淹れ方を選んで頂けたらと思います。 ひとつのアイテムが加わるだけで、いつも使っている器具で3通りもの味わいが楽しめるなんて驚きですよね!...

kashi by Kurasuとレモンケーキ。

 『Kurasuのコーヒーが側にあることをイメージして』 +-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-   こんにちは! 「あったらラッキー!」と言われるほど、Kurasuのカフェで人気の焼き菓子 “レモンケーキ”今日はその製造の裏側と、今まであまり語られていない『kashi by Kurasu』に関して、パティシエールのNatsukoにインタビュー!お気に入りのコーヒー片手に、休日やお仕事の休み時間など、ゆるりとした時間を過ごしたい時に読んで頂けたら嬉しいです。   +-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-   ・どうしてレモンケーキ? Natsuko:「これからの暑い時期にも食べやすい焼き菓子を作ろうと思ったのがきっかけです。 「どんなスイーツにしようか考え始めたのが春頃で、ちょうどその頃の旬のフルーツにレモンがあったので、爽やかさも十分にあるし、焼き菓子に使いやすいなと思い採用しました。成型した時の形も愛らしく気に入っています。」 ーーー焼きたてのケーキにレモン果汁をたっぷり染み込ませている様子。ツヤツヤころんと。かわいい。       ーーー生地に練り込まれているレモンピール、食感が楽しい。ミモザのように見える、綺麗な黄色の皮は毎回削りたてを使用することで、爽やかなレモンの香りがしっかり生地に移る。   ・Kurasuのコーヒーとのおすすめのペアリングは? Natsuko:「浅煎りの豆だと『インドネシア フリンサ・コレクティブ』 がおすすめ。しっかりとした甘味と程よいボディ感があるバランスの良い豆なので、レモンの酸味とも喧嘩せず相性もいいのではないかなと思います!これからの時期はアイスコーヒーと組み合わせて涼しげに食べてもらうのも!」     ・素材のこだわり Natsuko:「Kurasuに来てくださるお客様は食にこだわりのお持ちの方や海外の方の利用も多いので、新しい焼き菓子を作るときは、ただ美味しい焼き菓子を作るだけじゃなくて、何か一つでも変わったポイントを取り入れようと心がけています。 今回は『グルテンフリー』と『乳製品フリー』を掲げて、それぞれ米粉とソイレブールという植物性の油脂を使用しました。」   「米粉は小麦とは異なる食感が特徴的です。焼き立てはモチッとした食感、そこからは、ホロっと口の中で解れるようになります。腹持ちもいいのでちょっと小腹が空いた時には最適! また、グルテンを控えている人にもぜひ試していただきたいです。」   Natsuko:「『ソイレブール』はクリーミーですがバターよりもあっさりした後味、少し塩味のある油脂です。その分使用してる食材の風味を生かしやすいので、レモンの爽やかな風味にマッチしやすいと思い今回初めて使ってみようとなりました。 何よりもバターよりも重たくないので暑い季節にはぴったりだなと思います。 そしてバターと同じような使い方ができるのが魅力的です。柔らかくしたり、砂糖と練り混ぜたりするのも楽チンなので作業しやすい点もとても助かっています。」   ーーーNatsukoは「楽ちん」と言っていますが、このバターはなかなかの曲者。溶けやすく、質感が変わりやすいので俊敏な動きと効率的な作業工程が必要。ほわーんと癒し系のNatsukoですが作業中は無駄のない動き。まさに職人でした。 ーーーオーブンから漂ってくる、甘い香りと少しづつ膨らんでいくケーキを眺めているだけで幸せな気持ちに。思わず喉がゴクリと鳴りました。   ・大切にしていること kashi by Kurasuについて Natsuko:「kashi by Kurasuができてちょうど一年くらい! 今でも大切にしているのは、『コーヒー屋さんが作るお菓子』であることです。 こんなお菓子があったらコーヒーに合うかな〜、、こういうペアリングはどうかな〜、といつでもKurasuのコーヒーが側にあることをイメージしながら作っています。 今は新しいメンバーのRikaちゃんも増えて、少しずつレパートリーも増えてパワーアップしている最中です。お菓子があることで普段のコーヒータイムがよりHappyになるように、自分たちも楽しみながらkashi by...

HARIO V60 Kurasuのハンドドリップレシピをご紹介!

こんにちは! おうちコーヒー楽しんでいらっしゃいますか? 今回はHead Roaster Kosukeが実際にKurasuのカフェで淹れている、浅煎りのハンドドリップのレシピをご紹介します。 これさえ見れば、ご自宅でも簡単に美味しいコーヒーを淹れることができます! ハンドドリップ初心者の方や、おうちであまり美味しいコーヒーが淹れられないと悩んでいる方はぜひ参考にしてみてください。 【準備の際のPoint!】   ◯ケトルにはお湯を多めに入れる!  そのほうがお湯が出やすく注ぎやすくなります。   ◯ティースプーン  攪拌に使用します。  円錐の底の方までしっかりと攪拌したいのであまり大きくない方がおすすめです。  まさにティースプーンが理想的。   ◯時間が測れるスケールを持っていない…  大丈夫です!キッチンタイマーやケータイのストップウォッチでも代用できます。  時間を計ることができればOK!   動画の中で使用している器具はこちら! ・浅煎りの豆:「エチオピア ハロベリティ」 ・ケトル:「KINTO プアオーバーケトル」 ・ドリッパー:「HARIO V60 ドリッパー」 ・サーバー:「TORCH コーヒーサーバー ピッチ― Pitchii」 ・スケール:「ハリオV60 ドリップスケール ブラック」 ・ペーパーフィルター:「ハリオV60 ペーパーフィルター ホワイト」     動画のとおりお家で再現してみたいという方はぜひチェックしてみてくださいね。   『Let's drip!!』 準備はいいですか?それでは実際に淹れてみましょう! ペーパーをドリッパーにセット       2.熱いお湯でリンスしていきます。...

お勧めのおうちコーヒー By Head Barista Tsubasa

こんにちは! Tsubasaです。 今日は、Home Brewの業界にスティーブ・ジョブズが現れた話。 …そんな話はありませんが(笑)、 そのぐらい革命が起きた話をしたいと思います。 ブログを読み終わる頃には、コーヒーを淹れたくてウズウズしているはず。 今のうちにコーヒー豆のオーダーしておいた方が良いかもしれません。       では、本題に。   皆さんはおうちでコーヒーを淹れる時、どんなことを考えていますか? ・お店で飲んだ味を再現したい。 ・おいしく淹れたい。 ・楽しく淹れたい。 etc…   人それぞれ、いろいろですよね。   ただ共通認識として、 お店で飲むような味が、お家でも飲めたらなぁ... というのはあるように感じています。   斯く言うぼくも、ずっとそんなふうに考えて悩んできました。   ・お家にはお店のような業務用スペックの機械はない。 ・プロのバリスタとコーヒーを淹れるために準備された空間が合わさっても、  緻密にレシピを考え守る必要がある。 ・徹底したエイジング管理の必要もある。   考えても考えても、埋めることのできない差ばかり。 良い案なんてすっかり浮かびません。 私生活から仕事まで、頭の中はコーヒーでいっぱいのTsubasaが考えても、やはりとても難しく感じます。 う〜〜ん。。。。 家でコーヒーを淹れるってこんなにハードルが高いことなんでしょうか?? こんな事を、ぐるぐると考えてました。   するとある日、不意にジョブズの声が聞こえてきたのです。   「常識にとらわれるな」   常識を捨て、お湯や温度計を使うのをやめてみよう。   思いついたら、もう試さずにはいられません。   そんなこんなで突如降ってきたアイディアをベースに検証を重ね、 「お家でしかできない」レシピが完成しました。  ...

グアテマラ アントニオ・コロム のご紹介!

先日発売したばかりのグアテマラ アントニオ・コロム。   こちらのコーヒー豆はチェリーを収穫後12時間ほど寝かし、果肉除去し、ウエットファーメンテーションを24時間行なった後、水洗いしパティオで10-15日間乾燥させたもの。  みかんのような柔らかくて可愛らしい甘みが特徴のコーヒーです。 生豆を仕入れさせて頂いている、SHU・HA・RI 辻元さんが農園の素敵な情報をあげて下さっているので、一部抜粋して紹介致します。 元のブログはこちらです。   農園主の名前は、アントニオ コロン氏、あだ名はトノ氏で、63歳だけども無茶苦茶元気、好きな食べ物はお菓子と炭酸飲料というカッコいい農園主。頻繁に、コーラ買ったろかと言われたのが印象的。とにかく誰にでも優しいおじいちゃんて感じ。   ブログからもわかるように本当に素敵なトノ氏。 さび病に悩まされているので、品種を植え替えていたり、標高の高いところでゲイシャを植え始めているそう。   そんな農園主で育ったグアテマラをKurasuで焙煎して提供しております。   当たり前ですがコーヒーも農作物で生産者がいる。グアテマラを買って下さった方、飲んでくださった方に是非読んでいただきたいです。 (ちなみにこちらのコーヒー豆はすぐになくなってしまいそうなので、お早めに!)