ショッピングカート

ショッピングカートは空です。

ショッピングを続ける

Kurasu Journal

新規採用募集:SNS・ソーシャルメディアマネージャー

合同会社Kurasu 新規採用: SNS・ソーシャルメディアマネージャー  業務内容: Instagram / TikTok/ Twitter / FacebookのSNS投稿/運用スケジューリング、投稿後コメントなどのフォローアップSNSキャンペーンの立案パフォーマンスの分析・改善のPDCA こんなことやります: Kurasuの成長はソーシャルメディアの活用がなくてなりませんでした。@kurasu.kyoto のインスタグラムは 9.3万人。世界中のコーヒーラバーからフォローいただいています。他の企業の方々からどうやってソーシャルメディアの展開を進めてきたのかよく質問をされます。実はそんなに戦略的なことはしていないのです、、代表の大槻は写真を撮ることとコーヒーが大好きでした。その日常を純粋に発信したかった。そのような考えから毎日コツコツと好きなコンテンツを上げ続けてきたらいつの間にか世界を代表するコーヒーのインスタグラムアカウントに成長していました。今もその精神は引き継がれており、チームが大好きなコーヒーをより多くのお客様に届けるために日々試行錯誤しながら、楽しく運用しています。コロナで大打撃を受けた飲食業界のこの1,2年はSNSを通してのブランドの発信とお客様との繋がりとさらに重要にさせました。そしてSNSの力はさらに今後飛躍していくと感じています。私たちと日本中、そして世界にコーヒーの素晴らしさをSNSを通して伝えませんか?   採用対象: SNSを日常的に使っている方英語が日常会話レベルでもできる方写真や動画撮影が好きな方(プロレベルである必要はありません)コーヒーが好きな方! Kurasuとは: Kurasuは2013年に代表大槻のリビングルームから始まりました。日本の素晴らしいプロダクトをどうすればもっと世界の人に知ってもらえるだろうと考えたとき、ヒントとなったのは2つ。その時滞在していたコーヒー大国のシドニーと自分のコーヒー好きという点でした。徐々にピントがあっていき、「日本のコーヒー器具」を販売しようということにつながりました。 リビングルームに在庫をおき、パソコン一つで作成したECサイトからの注文を一件一件、自宅から世界中に梱包配送していた作業から8年近く経ち、今Kurasuは京都に3店舗、海外、シンガポール、タイに2店舗構える日本を代表するスペシャルティコーヒーショップ・ロースターへと成長しました。メインインスタグラムは現在9.3万人のフォロワー、ECサイトはShopifyのプラットフォームを日本でもいち早く取り入れ、エキスパートとして牽引しています。 Kurasuのベースとあるものは規模を拡大してもあのリビングで思い描いていたことをと何ら変わりはありません。日本の素晴らしいプロダクト、Kurasuの場合は:日本のコーヒー器具、コーヒー文化、コーヒーロースターをどのようにより多くの方々に知っていただけるかということ。京都から日本中、世界へスペシャルティコーヒーを、一緒に発信していきましょう。   Kurasuの事業: カフェ事業 厳選したスペシャルティコーヒーだけを自家焙煎し、店頭でお客さまに提供しています。京都に3店舗、シンガポールに1店舗、バンコクに1店舗を直営しています。国内コーヒー器具、コーヒー豆のオンライン販売 日本製のコーヒー器具や、自家焙煎したコーヒー豆をオンラインサイト上で販売しています。これらは特に海外のお客さまに大変人気でECサイトを通して世界160カ国以上に日々コーヒー器具・コーヒー豆の配送しています。 またサブスクリプションサービスではKurasuのコーヒーのみならず、日本中のロースターとタッグを組んだ #KurasuPartnerRoaster として毎月異なるロースターのコーヒー豆を世界中に送り出しています。海外コーヒー器具の輸入、オンライン販売 海外製のコーヒー器具を輸入販売するセカンドブランドKiguを通して、アメリカFELLOWや上海のVariaなど世界的に有名なメーカーの商品を主に、オンラインサイトで販売しています。・コミュニティアプリ「KOHII」の開発・運営世界中のコーヒーラバーが集えるアプリ「KOHII」では、日々コーヒーに関するトピックや業界で働く人たちへの取材記事など、コーヒーに関する様々なコンテンツを日々配信しています。 勤務地: Kurasu HQ〒604-0966京都府 京都市中京区俵屋町294ー1 森田ビル2階   待遇: 月給 能力により変動有契約社員・正社員制度有年一回昇給週休2日制、有給、残業手当、産休手当交通費一部支給 応募方法: 上記に記載している内容を読んでいただき、何故自分がKurasuのメンバーとしてふさわしいと思うか教えてください。 ざっくりとした構想で良いので、日本の方々はもっと美味しいコーヒーを飲むようになるにはどうするべきか考えを聞かせてください。 最近飲んで、美味しいな、って感じたコーヒーを教えてください。 履歴書:特にフォーマットは指定ありませんが写真付きでお願いします。今までの経歴と現住所の記載は必ずお願いいたしますhire@kurasu.kyoto記載事項を確認いただき、担当 大木 までメールお願いします。

Coffee Journey with Reika〜抽出理論〜2 粉量の調整

皆さんこんにちは。 焙煎サポートのReikaです。   前回のブログ【抽出理論】①挽き目の調整は読んでいただけましたでしょうか? 抽出において調整するポイントはたくさんあります。その中の一つである挽き目。原理は無事伝わったでしょうか?原理が分かっていると、よりスラスラ挽き目の調整が出来るようになります!そして応用もできたりします◎ 前回の挽き目の原理はまたブログで登場したり、今後の調整に大事になってきます。まだ読んでいない方は是非読んでみてください! 第二回の本日のテーマは粉量の調整です。 皆さんは普段、1杯あたりに何グラムのコーヒー豆を使っていますか? ドリップコーヒー、エスプレッソ、どんな判断基準でグラムの調整をしていますか? コーヒー豆を購入したお店のレシピで淹れたりすることが多いのかなと思います。しかし、お店によっても豆によっても様々ですよね。。。コーヒーを飲みに行ってレシピを聞くと、驚くほど使っている量が違います。 そして、「コーヒー 一杯 豆の量」などで検索すると、答えは書いてあってもその理由が記載されてない記事がたくさんあります。そのぐらいか、と流してしまいがちですが、理由が分かればより自分好みのコーヒーが淹れられます! 使う粉の量で味はどう変化するのか! 今回も、まずは量を増やして味わいの変化を見ました。 ー器具・レシピ・豆ー 使用したドリッパー:Hario V60抽出レシピ:Kurasu推奨HarioV60レシピグラインダー:EK43コーヒー豆:Peru(浅煎り) ー結果ー 豆1gに対し、各成分が1ずつ入ってると仮定しています。 コーヒーは酸味→甘み→余韻→雑味・苦味の順に水に溶け出します。酸味+甘味+余韻=ベストな1杯!と前回一緒に確認しましたね! まず、11gと13gのグラフを比較すると、粉量を減らすと抽出させなければならない酸味・甘み・余韻の量も減ります。11gのグラフ上では、140gほどで余韻が出切っています。そこから、さらに60g注いでいるので、雑味・苦味まで出てしまっています。 つまり、200gのお湯に対し粉量が少なすぎるということになります。 続いて、13gと15gのグラフを比較してみましょう。 粉量を増やすと抽出させなければならない酸味・甘み・余韻の量も増えます。13gでは、60g地点で、酸味を全て抽出させることが出来ました。ですが15gでは、80gまで注がないと酸味を全て抽出させることが出来ません。 13gから15gに粉量を増やしたことで抽出する成分が増え、200gのお湯では酸味〜余韻までの全ての美味しい成分を抽出できなくなってしまいます。 さらに粉量を増やした17gと19gでは、余韻にまで到達せず抽出が終了しました。酸味とほんの少しの甘みしか感じられないコーヒーが出来上がります。 それでは次に、コーヒーの濃度についてみていきましょう。 味わい/粉量 11g 13g 15g 17g 19g 濃度 4 5 6 8 9 Acidity(酸味) 11 13 15 17 19 Sweetness(甘味) 11 13 15 12 7 After...

TYPICAコラボレーションロースター企画 〜台湾〜

こんにちは!TYPICA x Kurasuコラボレーション企画第2弾のお知らせです! 生豆の ダイレクトトレード プラットフォームを運営するTYPICAから嬉しいコラボレーションのお話をいただき、前回は韓国を代表するスペシャルティコーヒーロースターのコーヒーを販売させていただきました。たくさんの日本中のコーヒーラバーの方にご関心をお寄せいただき、ありがとうございました。コロナ禍でなかなか海外に行けない中、素晴らしい海外のコーヒーロースターと日本のコーヒーラバーのみなさんをお繋ぎすることができ、とても嬉しく思います。 韓国に続いて次ご紹介するのは「台湾」のスペシャルティコーヒーロースターです。 「台湾=お茶、タピオカミルクティー、フレッシュジュース」というイメージが強いのではないでしょうか?実は台湾では「幻のコーヒー」と呼ばれるほど高品質で希少なコーヒーの生豆の栽培が行われており、また世界トップレベルの焙煎・抽出技術を備えたロースターも多数存在し、アジアを代表する優れたコーヒー文化が形成されています。 是非この機会に台湾を代表するスペシャルティコーヒーロースターのコーヒーをご賞味ください。  コーヒー豆のご購入はこちらから。 <TYPICA x KURASUコラボレーションロースター企画> TYPICAが生豆を取引している世界中のロースターのインタビューをする一環としてそのコーヒーロースターのコーヒーを日本のお客様にも是非飲んでいただきたい。  数量限定でKurasuから毎回テーマを決めてコーヒーを販売させていただけることになりました。  今回は「台湾」 TYPICAさんからのご厚意で送料は無料!(他の商品との同梱の場合は通常の送料がかかります)

新規採用募集:パティシエ

合同会社Kurasu 新規採用: パティシエ   業務内容: ・和洋菓子製造 ・コーヒーに合う商品開発(Vegan,Gluten Free含む) ・菓子分野に関する事務作業 一緒に: いつものコーヒーシーンをより、豊かにするお菓子づくりを一緒に目指しましょう。 採用対象: ・Kurasuのコーヒーが好き。 ・焼き菓子製造の経験がある方(1~2年のブランクがあっても問題ありません) ・積極的にレシピ考案に取り組める方 ・フルタイムで働けない方も歓迎(週5日勤務が難しい、家族の時間を大切にしたい、主婦さん、フレキシブルに働いていただけます。)   採用のプラスになる要因として: ・Vegan,Gluten Freeの経験がある方 ・お菓子の開発経験のある方 勤務地: Kurasu Nishijin 〒602-0091 京都市上京区大宮通寺之内上る三丁目筋違橋町537番地7 勤務時間: 週3~5回 9:00~15:00(相談可能) 給与: 950円〜 (能力により変動有) (最初の3ヶ月は研修期間となります) 交通費一部支給   応募方法: 今までやってきた経験をどのように活かしたいですか? これまでにどのようなお菓子づくりに携わってたか教えてください。 Kurasuで働きたいと思った理由を聞かせてください。 履歴書:特にフォーマットは指定ありませんが写真付きでお願いします。今までの経歴と現住所の記載は必ずお願いいたします   hire@kurasu.kyoto 記載事項を確認いただき、担当 大木・ 福田 までメールお願いします。

新規採用募集:バックオフィス

合同会社Kurasu 新規採用: バックオフィス   業務内容: ・労務/給与社保実務 ・経理および税務関連業務(会計freee内での仕分け/顧問税理士との連携含む)  ・請求書の発行、管理 ・法務関係および各種規程の策定と運用  ・カスタマーサポート 一緒に: 京都からKurasuのコーヒー、販売するプロダクトを日本、そして世界中の人たちに知ってもらおう。   国内外に関わらずたくさんのお客様をお迎えし、心地よい空間を提供していこう   積極的にコーヒーの知識を高め、Kurasuとしてのチームのレベルを上げていこう。 シンガポール、タイだけでなく、今後も増えていくKurasuのチームと共に海外の経験を京都のカフェに反映させよう。 そんなことを実現できる仲間を探しています。 採用対象: ・経理経験のある方即戦力になってくださる方を探しています。 採用のプラスになる要因: ・経理関係の資格や経験 ・英語能力。(現在KurasuのECの売り上げの7-8割は海外のお客様)   Kurasuとは: Kurasuは2013年に代表大槻のリビングルームから始まりました。日本の素晴らしいプロダクトをどうすればもっと世界の人に知ってもらえるだろうと考えたとき、ヒントとなったのは2つ。その時滞在していたコーヒー大国のシドニーと自分のコーヒー好きという点でした。徐々にピントがあっていき、「日本のコーヒー器具」を販売しようということにつながりました。 リビングルームに在庫をおき、パソコン一つで作成したECサイトからの注文を一件一件、自宅から世界中に梱包配送していた作業から8年近く経ち、今Kurasuは京都に3店舗、海外、シンガポール、タイに2店舗構える日本を代表するスペシャルティコーヒーショップ・ロースターへと成長しました。 インスタグラムは現在8.3万人のフォロワー、ECサイトはShopifyのプラットフォームを日本でもいち早く取り入れ、エキスパートとして牽引しています。 Kurasuのベースとあるものは規模を拡大してもあのリビングで思い描いていたことをと何ら変わりはありません。日本の素晴らしいプロダクト、Kurasuの場合は:日本のコーヒー器具、コーヒー文化、コーヒーロースターをどのようにより多くの方々に知っていただけるかということ。京都から日本中、世界へスペシャルティコーヒーを、一緒に発信していきましょう。   勤務地: Kurasu HQ 〒604-0966 京都府 京都市中京区 俵屋町294ー1 森田ビル2階 待遇 月給   能力により変動 契約社員・正社員制度有 年一回昇給 週休2日制、有給、残業手当 交通費一部支給   応募方法: Kurasuのメンバーとして働きたい理由を教えてください。 履歴書:特にフォーマットは指定ありませんが写真付きでお願いします。今までの経歴と現住所の記載は必ずお願いいたします。 使用していたソフト、具体的な経験業務内容を教えてください。 hire@kurasu.kyoto...

townsfolk(石川): 2021年8月 Kurasuパートナーロースター

今月の #クラスパートナーロースターは石川県金沢にあるtownsfolk coffee。 オーナーの鈴木さんは大学卒業後商社勤務、ITベンチャーを経て、NOZY COFFEE(東京)、Prolog Coffee(デンマーク・コペンハーゲン)にてバリスタ兼ロースターとして経験を積み、2020年7月にお店をオープンされました。       お店のコンセプトとして「Specialty coffee bar and roastery with Nordicstyle」を掲げ、焙煎のアプローチや、抽出のスタイルなどに、北欧で学んだ技術や哲学が光ります。       中でもコペンハーゲンのコーヒー文化にとても良い影響を受けたという鈴木さん。立場に関係なく、生活のどんなシーンでも、皆が当たり前のように同じコーヒーショップを利用する光景に感銘を受け、お店の雰囲気も含めその部分をとても大切にされています。 お店の名前、townsfolk には「町民・町の人」という意味があり、町の人々に愛される、生活に寄り添うような場でありたいという鈴木さんの思いが込められています。       お店を構える金沢には、まだまだスペシャルティコーヒーのお店は少なく、ここでスタートすることが大切だと語る鈴木さん。 金沢でコーヒーの魅力を届けたい、まだスペシャルティコーヒーのことを知らないお客様に知っていただき、新しい発見、驚き、面白さを届けたい、という熱い想いを持っていらっしゃいます。 「皆さんの元に届いたコーヒーは、自分自身の思う”美味しい”を詰め込んでいます。なので素直に、難しいことは考えずに普段通りに楽しんで」と語る鈴木さん。インタビュー中、話される言葉からとても優しいお人柄を感じました。   townsfolk coffeeの前には緑が美しい公園があり、そこでコーヒーを楽しむこともできます。 金沢にお越しの際はぜひ、townsfolk coffeeでコーヒーを飲み、町歩きを楽しんでみてください。   Photo by Nik van der Giesen 

Coffee journey with Reika〜抽出理論〜1 挽き目の調整

【抽出理論】①挽き目の調整 皆さんこんにちは。 初めてブログを書かせていただきます、新人焙煎サポートのReikaです。 入社して3か月、コーヒーについてまだまだ知らないことはたくさんありますが、身に付いた知識もたくさんあります。 分からないことを検索して理解するのではなく、実際に検証して知識の蓄えにしています。 そんな私のブログでは、1つ1つの検証結果を皆さんとシェアして、”これさえ読めばレシピが頭の中で作れる”という抽出理論ブログを作っていこうと思っています。 より皆さんにおうちコーヒーを楽しんで頂くために。アウトプットすることで私がより理解するために。 現在色んなトピックで実験中です。 挽き目や粉量、お湯の温度はもちろん使用する水の硬度や注ぐ投数の決め方など! コーヒーをより美味しく淹れる方法を、一緒に考えていきましょう~! 早速ですが第一回本日のテーマは、挽き目の調整です。 コーヒー豆を買って、味わいを調整する。 私がまず初めに思いつくことは 挽き目 です。 味わいの調整といったら挽き目!というイメージが強くはないですか? さて、皆さんはどんな判断基準で挽き目を調整していますか? 豆袋の何の情報を見て挽き目を決めていますか? 挽き目を変えるとどうコーヒーは変わっていくか。 色々考えることはたくさんあるかと思いますが、 今回の実験ではまず、細かいところから粗いところまで淹れて、美味しいところを探しました。 使用したドリッパー:Hario V60 抽出レシピ:Kurasu推奨Hario V60レシピ グラインダー:EK43 コーヒー豆:Peru(浅煎り) 挽き目 #5細挽き----------------#11粗挽き 味わい 1少ない----------------5多い ―結果― 味わい / 挽き目 #5 #6 #8 #8.5 #10 #11 Acidity (酸味) 0 1 3 5 4 1 Sweetness (甘味) 1...

Kurasu卒業生のその後「Barista Satoshi Kume」

こんにちは! 8月でKurasuを卒業したBarista KUMEのお店を取材させて頂きました。 もう、皆さんは行かれましたか? 久米ワールド全開のとても素敵なお店でした。 前回の卒業インタビューの続編です! インタビューとかこつけて、筆者と相棒のNARUOがただお店に 行って久米兄さんと喋りたかっただけなんじゃないか?と思われるような ゆるーい内容ですが、皆さんにもお楽しみ頂けたら嬉しいです。 それでは、皆さんご一緒に。 コモンヘカモン!!   ============================================================= 1.「こだわりのポイントはありますか?」は愚問でした。   【common.というお店について】   ・こんにちはー!お久し?ぶりですね、久米さん。お元気でしたか?  Kume:はい!とても元気です!   ・まずはお店のオープンおめでとうございます!  オープンされてどのくらい経ちましたか?  Kume:実は、今日でちょうど一週間。一週間記念日です♪   ・おお!!ナイスタイミング!まずは改めて、お店のコンセプトを教えて頂けますか?  Kume:前回も少しお話しさせて頂いたんですが、「美容室✖️コーヒーショップ」です。特に変わったことをしなくてもそれだけで個性になると思っているので、僕はただシンプルに美味しいコーヒーを淹れるだけです。   カフェを超えて奥に進むと、奥様のサロン。 まさにプライベート空間。 カットの最中、KUMEさんの淹れたコーヒーを頂くことができるそう。 なんて贅沢。。。   ・ここがおすすめ!というような久米さんPOINTはありますか?  Kume:結構細部までこだわってます。    使っているカップ、内装、電球、インテリア、床、天井。毎回来る度に「あ!これすごい!」とか「ここ、こんな風になってたんだ!」とか、お客様の方で発見して楽しんで頂けたら嬉しいです。 オススメの、ベンチの角のお席。 Kume:『ここに座った人は、未だ5時半(閉店時間)に帰れたことはないです。』 こちらはモールテックスという素材で出来ているベンチ。 KUMEさんいわく、「石やコンクリートの様なベンチにふかふかクッション」は地中海のリゾート地を彷彿とさせるのだとか。 『ここは京都のマルタ島(丸太町、マルタ、マルタ島。。。え!そうゆうこと!?)』 ・今頂いている、チョコレートが載っているお皿も素敵ですね。(因みにチョコレートはダンデライオンチョコレートさんのもの!!)   Kume:結構皆さんそう言って頂きます。 そのお皿を作っている大阪のBowl Pond Platzさんには、このお店のものを色々協力頂いていて、例えば外の看板もそうですし、メニュー表のバインダーや、これとお揃いの素材のライトのスイッチ、そこのハンガーもそうです。 凄くおしゃれな店主さんで、そこにある五角形のお気に入りの傘立てもそちらで購入しました。 ・このレジのところにあるキャッシュトレーもそうですか?   Kume:そうです!それも使っているうちに段々味がでていくそうで♪...

TYPICAコラボレーションロースター企画

生豆の ダイレクトトレード プラットフォームを運営するTYPICAから嬉しいコラボレーションの依頼を受けさせていただきました! TYPICAが生豆を取引している世界中のロースターのインタビューをする一環としてそのコーヒーロースターのコーヒーを日本のお客様にも是非飲んでいただきたい。  数量限定でKurasuから毎回国のテーマを決めて販売させていただけることになりました。  今回は「韓国」 TYPICAさんからのご好意で送料は無料!(他の商品との同梱の場合は通常の送料がかかります) 是非この機会に韓国を代表するスペシャルティコーヒーロースターのコーヒーをご賞味ください。 コーヒー豆のご購入はこちらから。

Kurasu Kyoto Stand 5周年を迎えて 

みなさんこんにちは。 Kurasuのアヤカです。 今回のブログではどんな気持ちで、5周年を迎えたのか。 長くなりましたがみなさんにお届けしていきたいと思います。 お時間ある時にぜひ、読んでいただければうれしいです。 Kurasu 京都 Stand は2016年8月11日にスタートし、 私は、カフェオープン時にバリスタとしてKurasuに入りました。 ここで自分が過ごしてきた5年間はお店の歴史と重なることも多いので思い出話もまぜながらこの5年間を振り返っていきたいと思います。 「京都から世界へ。日本のコーヒーカルチャーを発信する」 当時、カフェをオープンするにあたり代表の大槻がだしていたHiringの記事の中の一言。そのワードに惹かれて Kurasuで働き始めました。 その言葉通り、京都駅から歩いて五分。お店のまわりには大きなホテルや会社もたくさんあり、日本の方に限らず世界中からお客様が訪ねてきてくれます。 始めたばかりの頃は 日本のお客様に、 「初めまして。コーヒー屋です。これからよろしくお願いします」とご挨拶。 海外のお客様には、「やっと来れたよ!ずっと来たかったんだよ!」と声をかけていただく。 不思議な感覚でスタートした京都店。 オープンしてから多くのスタッフは、海外のカフェでバリスタの経験を持っていたり、日本のカフェで経験をしっかり積んだいて。 それを活かした接客で日本のお客様も海外のお客様も言語の壁を乗り越え、コーヒーを楽しんでいただく空間を自然と作りだすことができました。 近すぎず、遠すぎず、ラフすぎず、丁寧すぎない。 簡単なようで難しいお客様との心地よい距離感。 それを保ちつつ、美味しいコーヒーを提供する。シンプルにかっこよく。 5年の中で、もちろん卒業したスタッフもいれば、新しい人も入ってくる。いい意味で変わらず、いい意味で変化し続けて来れたのではないでしょうか。 どの時代の人とも共に過ごした深い思い出があり、面白い毎日でした。 喧嘩をした時もあれば、面白すぎて笑い転げたり、閉店後にビール片手に話こんで夜になってたり・・・ お客様ともありがたいことに、とても良い関係を築かせていいただいていると思います。 特に常連様は面白くて優しい方ばかりです。 いつも会うと体調を気遣ってくださる方、恋愛相談してくれる方、コーヒーの質問が止まらない方、お土産いつもくださる方。会いに来ました!と。 この5年でいろんなお客様と出会うことができました。 1度きりの来店であっても、また京都来たら寄るね。と声をかけてくださったり、出張のたびに顔を出してくださる。 本当にお客様の愛情をたくさん感じることができた5年間。 美味しいコーヒー、Kurasuのスタッフ、そして、最高のお客様。 自分で言うのもなんですが、京都スタンド。本当に大好きなんです。 愛が溢れすぎたので少し話を戻して・・・ 最初は自家焙煎じゃなかった私たち。日本全国のカッコいいロースターさんの豆をいっぱい提供させていただきました。 お店に来ていただいてゲストバリスタイベントを開催したり、ワークショップをやっていただいたり。 自家焙煎じゃないからこその、挑戦や、人との出会いがたくさんありました。 さあ! Kurasu 焙煎へ。 はじめはシェアロースターでこつこつと。週1回大阪まで通って焙煎。 少しして、焙煎機ギーセンを購入し 伏見Roastery をオープン。 自分たちで焙煎し始めてからコーヒーへの思いや、知識、プロ意識などいろんな方面で幅が広がったように感じます。 自分たちの好みの味、感じている思いを、Kurasuとして発信できるようになったのが自家焙煎の醍醐味の一つかなと思います。 Kurasuのハウスブレンドが初めてできた時は、よくわからないなりにジーン。と感動したのを覚えています。ついに・・・と。...

新規採用募集: エンジニア

合同会社Kurasu 新規採用: エンジニア Kurasuではネットショップ拡大に伴って、また出資しているKOHIIアプリの開発サポートを担える、コーヒーを通して日本から世界へ挑戦するエンジニアを募集しています。 現在Kurasuはコーヒー豆・コーヒー器具を販売するECショップとして日本国外のお客様に日々商品を送り続けています。世界中の多くの方々にご覧いただくウェブサイトやデジタルに関わる事柄は全てエンジニアを通さず試行錯誤を繰り返しながら内部で運営してきました。 ただこれも限界にきています。 今後も変化し続ける世界中のコーヒーラバーの様々なニーズに対応できるようにECの改善のみならず、ソーシャルメディア、マーケティング、消費開発等々、テックの背景をもたれている方の人材のサポートが必要になってきていると強く感じ始めました。 また、Kurasuが出資している「人とコーヒーを繋げる」アプリKOHIIも今後日本全国のみならず世界へと成長していける可能性を秘めたサービスです。コンテンツ、スナップ、ロースター検索、ショップ機能、サブスクなどなど。こちらはまだ小さいチームで運営していますが(エンジニアは現在一人)、スタートアップとして今後スケールできる会社です。 Kurasu、そしてKOHII。やっていることは少し違いますが、コーヒーをカルチャーとして発信していく想いは同じです。コーヒーに可能性を感じ、そしてテックのバックグラウンドを持たれている方であればきっと何か魅力のあるお仕事と感じていただけると思っています。   業務内容 Kurasu ・ネットショップ (Shopify): Liquidを用いたテンプレートの提案、制作、改善 ・ソーシャルメディア・デジタルマーケティングの提案、制作、改善 ・全体的な業務フローの効率化・自動化   KOHII ・KOHIIアプリ(Web、iOS、Android)の新機能設計、開発、機能改善 ・アプリの利用状況分析と仮説検証 ・機械学習プロダクトの課題設計と要件定義 ・パイプラインの構築とプロダクトの監視及びABテスト ・バックオフィス開発   全体 ・美味しいコーヒーをより多くのお客様に知って、飲んでいただけるような取り組み   開発環境について 【言語】 Shopify:Liquid Web:TypeScript(Next.js)、Python iOS:Swift、Objective-C Android:Kotlin ML:Python 【CI / CD】 CircleCI 2.0、Bitrise 【インフラ】 GCP、Firebaseなど 【データベース】 Firesotre、Cloud SQL、BigQuery 【ツール】 GitHub、Slack、Firebase、Google Drive、Data Studio、Figma *馴染みがない言語・ツールでもトレーニングできます...

※こちらのご予約受付は終了致しました。Kurasu Nishijin Roastery オープニングイベント詳細

【Kurasu Nishijin Roastery オープニングイベント】 みなさんこんにちは! この度Kurasuの焙煎所が伏見から西陣にお引越ししました!これを機に、Kurasuでは初めての取り扱いとなるCoEロット(年に一度しか開催されない、コーヒー豆の品評会上位入賞豆、1杯¥2,000相当)のコーヒー使ったオープニングイベントを開催致します!普段の営業やワークショップでは中々体験できない盛りだくさんの内容でご準備しております。しかも限定5名様!内容を見ていただければ分かる豪華さです。。。 是非皆様のご予約をお待ちしております~!   開催場所:Kurasu Nishijin Roastery〒602-0091京都府京都市上京区大宮通寺之内上る3丁目筋違橋町537番地7開催日時:8/21(土)時間:10:00~11:30定員:3〜5名様まで料金:5,000円 ※お支払は当日現金払いのみとなっております 応募方法:cafe@kurasu.kyoto タイトル「西陣イベント参加希望」と記載の上、担当福田・大嶽までご連絡下さい。   ~イベント内容~・間近での焙煎見学・焼き立てのコーヒー豆と事前に焼かれたコーヒー豆の飲み比べカッピング会・CoEや農園についての楽しいお話・エスプレッソ、ラテ、ペアリングスイーツのセット   何かご質問等あればお気軽にお問い合わせ下さい。