ショッピングカート

ショッピングカートは空です。

ショッピングを続ける

Kurasu Journal

Kurasu Journal:一粒一粒の豆に意味と意志を込めて、コーヒー産業の裏側に迫る。

こんにちは、焙煎チームのJongminです。突然ですが、みなさんが購入したコーヒー豆袋の中に、ジーンズのファスナーが入っていたら、どうされますか?お客様からすれば、たまったもんじゃないですよね... お客様の手元に届いてはいませんが、しかし、これは実際に起きた出来事です。そのとき、ある種の職業病かもしれませんが私はかえってすごく興奮しましたね。きちんと人とコーヒーの仕事をしているということが肌で感じられた瞬間でした。 例のファスナー...取り除けて良かったです。 まだまだ知らないコーヒーの裏側 コーヒーの生産、それは遠い土地の物語、月の裏側が未知の領域であるように、コーヒー産業の裏側も多くの人には知られていません。現場にいる私たちでさえも、日々の業務の中で、生産国の事情についてわからないことをわかる、そんな出来事の連続です。 その他にも、木の枝、石など。 コーヒーは、自然と人の力で育まれ、あたりまえなことですが、虫に食われたり、欠けて割れたり、人の顔立ちがみんな異なるように遺伝的に形が異なるものなど、様々な豆が混合されます。もちろん、農家さんのファスナーが入り混じることもあるでしょう。しかし、この状況をできるだけ防ぐために、品質管理の視点からは、カップクォリティーはもちろん、豆の状態という視点も念頭に置き、複数の基準から買い付けを行っております。 欠点豆「0%」の難しさ ただ、それでも欠点豆を「0%」にすることは実に難しく、また本質的な意味を持たないと考えております。おそらく一つの麻袋には、数万から数十万粒の豆が入っており、それら一つ一つに欠点と合格点の名前をつけることは、理にかなわないことでしょう。 豆の品質を考える上で、無印良品が掲げているような「これがいい」ではなく、「これでいい」のような、完璧を追求するのではなく、自然による不完全な美しさを認め、それを価値として受け入れる姿勢。そこに一定の余白を残すと同時に、きちんと想像力を働かせて向き合うことは、一定、必要だと、ファスナーとの出会いから、ここ数か月焙煎の現場で、欠点豆を手で取り除きながら悩みました。 社内勉強会の実施|欠点豆から高まる豆の解像度 そして、悩みの解決も兼ねて、カフェバリスタ、焙煎チーム、カスタマサポートなど、Kurasuを支える各セッションのメンバーにどのようにアウトプットするのか工夫し、先日社内で「欠点豆勉強会」を開催しました。 内容は、虫食い、未成熟、過発酵豆、欠け割れなどなど欠点豆を種類ごとに分けて、カッピング。そして、欠点豆の混合率が異なるサンプルを複数パターンで用意し、実際の味わいにどれだけ影響を与えるのか、検証する内容でした。これらの内容を通して、伝えたかったコトの本質、それはカップへの影響という部分ももちろんですが、コーヒーに対する見方や考え方を拡張する意図も含んでおりました。 消費者に意志を示し、生産者の意味を読み取る 私たちは、日ごろよりKurasuを応援してくれているお客様へ良いプロダクトを届けるために、欠点豆を取り除く仕事をして意志を示していきます。また、一方では産業の一員として、欠点豆を受け入れる使命を持っている気がします。これは、とても矛盾している話のように聞こえます。そのとき、ある言葉を思い出しました。以前、KOHIIというアプリで、コーヒーの生産者をインタビュー取材することがありました。当時、書いた文章の一部を紹介します。 ロースターとしては、欠点豆がないコーヒーを買いたいという気持ちがあたりまえだと思うんです。でも生産者としては、欠点豆を除いてしまうと、それだけ収入が減ってしまうんです。例に全体の豆の5%を欠点豆として取り除くとしたら、トン単位で取引する農家は、数十キロという相当な量を破棄することになります。生産国におけるコーヒービジネスは量と重さのビジネス。生豆にしろ重量で取引されることが多く、農家さんはできるだけ破棄になる豆を減らしたいと考えています。   複雑なサプライチェーンの中で、多様なケースがあるという大前提に、欠点豆の混入には、生産地の労働状況や環境といった要素が必ず影響しています。ロースターとしての私たちの役割は、欠点豆を「欠点」として排除するのではなく、その背後にある物語や意味を理解し、尊重する上で、消費者にはよりよいモノを届けるように整えることだと、改めて実感しました。 一粒一粒の豆が紡ぐ世界へ想いを馳せて 焙煎チームの仕事は、美味しいコーヒーを安定して供給すること。その過程において、カップを取り、豆について考える時間を過ごし、コーヒーに対する解像度を深めます。そして、結果的に大切な原点に着地することになります。それは、まずは見方や考え方を知ること。見方を知ることで、きっとコーヒーの世界はより濃く映りこんできます。 欠点豆という存在は、コーヒーの世界において一つの不可欠な現実です。 私たちはコーヒー産業における一人のメンバーとして、この現実を自分事として受け入れて、美味しいコーヒーを届けていきたいです。コーヒーのサプライチェーンは、多くの人々が関わり、数多くの段階を経ています。その中で、欠点豆を取り除くことは小さなアクションですが、想像力を刺激し、産業の一員であるという意識を育む重要な役割を果たします。 私たち焙煎チームの日々の努力は、一粒一粒の豆に込められた意味と意志を大切にし、農家からバリスタ、そして最終的にコーヒーラヴァーのみなさんの手元に届くまでの物語を紡ぐことです。   ここまで長い文章、お付き合いいただきありがとうございました。今日も良い一日をお過ごしください。

2月24日(土) RisaがNOHGA HOTEL KIYOMIZU KYOTOでコーヒーをサーブします

2月24日(土)、 京都五条にあるNOHGA HOTEL KIYOMIZU KYOTOでRisaがゲストバリスタとしてウェルカムドリンクをサーブします! 場所:NOHGA HOTEL KIYOMIZU KYOTO ロビー・エントランスエリア 日時:2月24日(土)15:00 -18:00 対象はNOHGA HOTEL KIYOMIZU KYOTOへお越しのお客様で、小さなカップに無料でKurasuのコーヒーをご提供します。 今回使用するお豆は、ホテルでも取り扱ってくださっている「冬萌(Fuyu Moe)」。   冬萌の商品ページはこちら>>> また、Kurasuらしいグアテマラのお豆も少し持っていきます。コーヒーが苦手な方に、カスカラティーもご用意しております。 その他、販売分として、Kurasuのドリップバッグやコーヒー豆も少しお持ちする予定ですので、お土産用にもご自分用にも是非お買い求めください。 (*お支払いはクレジットカードのみ受け付けております。) ちなみに、NOHGA HOTEL KIYOMIZU KYOTOに宿泊すると、こだわりの器具を使ってご自分でコーヒーを淹れられるオプションサービス(有料)もあるそうです!コーヒー好きにはたまらない情報ですね! たくさんの方々にお会いできるのを楽しみにしています!2月24日の週末は、ぜひNOHGA HOTELさんにご宿泊ください :)  Kurasu Risa  

ゲストバリスタ告知:Misugi Shoji / 3CEDARS COFFEE

Kurasu Ebisugawaで特別なゲストをお迎えします!コーヒーラバ―の間で「3CEDARS COFFEEの豆は美味しい」と好評の大分発 3CEDARS COFFEE 。オーナーの三杉さんをKurasu Ebisugawa店へお迎えし、コーヒーの試飲販売及びゲストバリスタイベントを開催します。「From seed to cup」スペシャルティコーヒーの根底にある言葉に徹底し、生産国の農園まで何度も足を運んでいる三杉さん。誰より一つ一つの豆に対して深い愛と想いが込められている3CEDARSの豆だからこそ、いつもとは異なる特別な一杯の体験を京都のみなさまにもお届けしたくお招き致しました。普段は豆販売のみされているので、三杉さんがドリップするコーヒーを飲める機会は中々、レアかもしれません。普段は飲めないコーヒーとともに、ちょっとした一休みいかがでしょうか。 ぜひお待ちしております。 日程: 2月27日(火) 12:00~17:00 場所: Kurasu Ebisugawa店 | 地図イベントのハイライト:・3CEDARS COFFEEさんによる販売&試飲会・Kurasuのバリスタと淹れるゲスト豆のドリップコーヒー・1週間限定、2050 COFFEEでのゲストビーンズのタップ提供当日の試飲&販売豆・Colombia El Mirador #19COE2022・Ethiopia Chire Natural・Colombia Veracruz Chiroso ExFermentation・Honduras El Sol Pacamara HoneySpecial Goods・Nalgene Bottle 500ml・オリジナルタオル また、イベント開催週の2月26日(月)から3月2日(土)の間は、Kurasu Kyotoの傘下、2050 COFFEEで3CEDARS COFFEEのゲストビーンズをタップコーヒーで数量限定提供します。京都のコーヒーラバーの皆様、中々、盛りだくさんのイベントです。ぜひみなさんが、お好きなようにお楽しみください!

Create Coffee Lab(大分)2024年2月Kurasuパートナーロースター

今月のKurasuパートナロースターは、大分県のCreate Coffee Lab。住宅街に並ぶ小さな暖簾、煙突からは香ばしい焙煎の香りが漂います。何気ない街角を包むアロマには、オーナーの椎原さんの経てきたグローバルな経験が詰め込まれています。今回は広い視野と地元への深い愛情を掛け合わせた椎原さんの物語に触れ、コーヒー業界の多様な側面を伝えたい想いを書き紡ぎます。 椎原さんは、急成長する中国経済の可能性を感じて、大学時代に中国福建省の厦門(アモイ)にある大学で経済貿易を専攻。2010年頃、彼は中国で盛り上がりを見せていたコーヒー文化に触れます。卒業後、中国語を活かせる仕事を探し、地元の大分県にある三洋産業の国際営業部に入社。現在は、フィルターやドリッパーなどを製造するCAFECブランドを支えるグローバル企業です。入社を機に初めてコーヒーに触れ、コーヒーの世界に没頭するようになります。 いろんな現場に行くある日、彼は焙煎所に訪れます。名の知らぬ国から届く麻袋。豆の情報を調べると、JICAにコーヒー農家のコミュニティ開発やマーケティングに携わる職種があることを知ります。当時は豆に最も近い現場で栽培や精製、焙煎に携わりたいと考え、早速協力隊員に応募。なんと、ルワンダに渡航することになります。 しかし、生産地で目にしたコーヒー産業の裏側。それはコーヒー農家が抱える低モチベーション、限られた収量、そして不安定な市場価格といった課題です。多くの農家が他の作物への転向を考えている現状を目の当たりにし、品質の向上を通じて農家の経済状況を改善する必要性を実感します。限られた派遣期間の中でできることとして、彼は焙煎機を道の駅に設置し、小規模農家にも焙煎の機会を提供するなどの創意工夫を行います。彼は、コーヒーが単なる飲料を超えて、人々の労力と情熱が込められた飲み物であるという貴重な原体験を得ます。 帰国後は、豆屋の開業を決意。住宅街の一角で、家の前を改装し、穏やかな雰囲気の中でコーヒーを淹れ始めます。まるで豆腐屋さんのように、店は地元に愛され、大繁盛。創業2年目を迎える今、焙煎量も増え、2店舗目の開業予定を立て、新しい焙煎機も導入するそうです。しかし、急成長の中でも、品質は妥協せず、Qグレーダーの資格を取り、競技会に挑戦し受賞されています。 彼の豆屋が目指すビジョンは「グローカル」。日本に暮らす人々が香り高いコーヒーを楽しみ、地球に思いを馳せる時間を届けたいということ。今回のサブスクでは、椎原さんが想い入れのあるルワンダのコーヒー二種を届けます。彼の等身大の情熱を感じながら、ぜひその味をお楽しみください。

イベント出展:国際ホテル・レストラン・ショー(HOTERES JAPAN)2024(2/13-2/16)

いつもKurasu・Kiguの商品へのご興味・ご関心誠にありがとうございます。 2024年2月13日〜16日の期間、 東京・東京ビッグサイトで開催される「国際ホテル・レストラン・ショー(HOTERES JAPAN/HCJ 2024)」に出展する運びとなりました。    会期中は、実際に商品をお手に取っていただきながら、幅広い顧客層にアピールできる魅力的なラインナップをご覧いただけます。 ドリップバッグからカプセルマシーンなどまで、提供サービスに合わせ、それぞれのコーヒーシーンに最適な商品をご用意しております。 商品の詳しい説明はもちろん、実際のホテルや施設での採用例を交えて、ご想定シーンに合わせた商品パッケージのご提案・ご相談を承ります。   導入事例:温故知新様 プロダクト:The Morning Machine(カプセルコーヒーマシン)   皆様のご来場を心よりお待ちしております。   イベントの詳細は下記URLからご確認ください。 https://jma-hcj.com/    会期 2024年2月13日(火)〜16日(金)10:00-17:00 最終日は16:30まで 会場 東京ビッグサイト 東展示棟 ブース番号 3-M13 開催テーマ:日本最大級のサービス産業展 急回復する観光業界! サービス業階の顧客体験価値向上×生産性向上に

イベント出店:2月18日(日)FORTUNE FOOD FESに参加します!

2024年2月18日(日)、FORTUNE FOOD FES@フォーチュンガーデン京都にKurasuが出店します!(Kurasu Ebisugawaから徒歩15分ほど)⁠⁡⁠京都の人気飲食店、32店舗が大集結するフードイベント☕️⁠⁡⁠・入場無料⁠・Jazz生演奏やダンスパフォーマンス有り⁠⁡⁠【先着500名様まで限定・事前予約特典付】⁠1,000円のご飲食チケットをご購入で⁠当日500円分のご飲食チケットをプレゼント⁠⁠※事前ご予約・チケットご購入は下記フォーチュンガーデン京都のウェブサイトから✈️ フォーチュンガーデン京都イベントページ⁠日時:2月18日(日)11:00スタート15:30最終入場⁠場所:FORTUNE GARDEN KYOTO⁠⁡⁠ ぜひお越しください!皆様にお会いできるのを楽しみにしています。

倉庫移転による発送スケジュール変更のお知らせ

いつもKurasuオンラインをご利用いただきありがとうございます。倉庫移転に伴い、ご注文いただいた商品の発送スケジュールを変更させていただきます。 2月4日(日)までのご注文 : 通常発送 5日(月)2月5日(月)〜12日(月祝)までのご注文:2月13日(火)から順次発送   お客様にはご不便をおかけいたしますが、ご了承のほどよろしくお願い申し上げます。

オフィスコーヒーとして選ぶべきマシン、日本初スペシャルティ・カプセルコーヒーの魅力に迫る

忙しい朝の手軽な美味しさ 朝、忙しい一日が始まる前の貴重なひと時。コーヒーがなければ一日のエンジンがかかりません。ただカフェイン摂取ではない美味しいコーヒーを飲みたい、しかし、コーヒーを淹れる心の余裕はない。そんな絶妙な朝ってありませんか?余白がない日にあえて余白をつくろうとすることもかえってストレスを感じてしまう。そんなデリケートな現代人の私たちにそっと寄り添ってくれる距離感、そんな立ち位置のコーヒーが「カプセルコーヒー」の魅力です。忙しい朝でも、簡単に一杯の優雅さを提供してくれるのが、カプセルコーヒーの真骨頂です。 Morningが届ける本格的な味わい Kurasuでは、店舗でも並んでいるブレンド・シングル・デカフェの三種のカプセルコーヒーを製造しています。ネスプレッソマシンにも対応していますが、おすすめはKiguが販売している『The Monrnig Machine』。Morningマシーンの革新的なポイントの一つは、「蒸らし」の工程が組み込まれていることです。  一般的なカプセルコーヒーでは体験できない「蒸らし」の工程。コーヒーの蒸らしは、熱湯をコーヒー粉に注いで一定時間待つことで、コーヒーの本来の風味を引き出す重要なプロセスです。蒸らしにより、コーヒー豆の粉は適切に水分を吸収し「花開く」ことで、隠れた香りや風味が解放されます。Morningがサービスを提供しているアプリケーションを通して、各ロースターが適切だと提案するレシピに沿って、マシンが自動にコーヒーを抽出します。利便性を追究した従来のカプセルコーヒーマシンとは異なり、カプセルコーヒーの味わい、クオリティにもこだわったMorningマシン・一台あれば、手間をかけずに、かなり本格的なKurasuのコーヒーを楽しむことができるわけです。より詳しい情報はKiguチームの「Youtube」からもご覧ください!   Kurasuカプセルコーヒーの楽しみ方 焙煎チームが検証を重ねて登録したカプセルコーヒーのレシピを紹介します。 Short 強いアロマと濃厚な味わいで、短い休憩時間に最適。 Long Black ・Shortのコーヒーに40ml〜50mlのお湯を加えてください。 やや穏やかな軽めの味わいで、長い会議や作業のお供にぴったり。 Short with Milk (ICED) ・Shortで抽出したコーヒーに対して、ミルク30ml〜50mlを好みで割ってください。ミルクの優しい甘さとほんのり感じられるコーヒーのフレーバーが、午後のリラックスタイムへ最適。お手軽で贅沢なカフェオレとしてお楽しみください。 利便性と味の良さを兼ね備えたカプセルコーヒー。忙しない中でも、こだわりたい現代のライフスタイルにおけるコーヒータイムの新たなスタンダードとしていかがでしょうか。ぜひKurasuのカプセルシリーズを『The Monrnig Machine』も合わせてお楽しみください。

Kurasu Kyoto Stand 営業時間変更のお知らせ(2024年2月中)

いつもKurasu Kyoto Standへお越しくださりありがとうございます。 2024年2月1日〜29日(予定)の間、下記の通り営業時間を変更させていただきます。 平日 8am~5pm土日祝 8am~6pm (平日の閉店時間が従来より1時間早くなります)   雪もちらつき、寒い時期が続きますが、皆様にお会いできるのをスタッフ一同楽しみにしています!近くにお越しの際はぜひお立ち寄りください。 Kurasuスタッフ

Kurasu Hong Kong:香港に新店舗がオープン

Kurasu Hong Kong: 未来への新たな一歩 香港に、Kurasuの新店舗がオープンしました! ダイナミックで競争の激しい香港マーケットへの参入ということで、さまざまな難問に直面することもありましたが、香港のコミュニティの熱意に支えられ、この活気溢れる街の一員となれたことを大変嬉しく思っています。 この1週間、代表の大槻が香港に滞在し、記念すべきオープニングを新スタッフたちと祝えたはもちろんのこと、訪れてくださったお客様とのコミュニケーションも大いに楽しむことができました。 MIRA PLACEモールのプレスイベントへの参加や香港のカフェ巡り、Kurasu新店舗でのゲストバリスタとしてコーヒーをサーブしたりと(抹茶+エスプレッソが大人気だったとか!)、香港のコミュニティで素晴らしい関係を築くことができました。Kurasuのこれからのビジョンにも、また新たなインスピレーションをもらえた貴重な体験となりました。 香港で、皆様がふと京都の風を感じられるような空間を目指して、また様々な人々が集うハブとして、美味しいコーヒーと共に長く愛されるカフェであり続けることを願って。 皆この大きな一歩を可能にしてくださった皆様、本当にありがとうございました。 ADDRESS:Hong Kong, Tsim Sha Tsui, Nathan Rd, 118-130號MIRA PLACE 2SHOP NO G65 G/FInstagram @kurasu_hk 大槻の香港滞在中の様子は、近日KurasuのYouTubeチャンネルで動画として公開する予定です!お楽しみに :)KurasuとKigu コーヒー豆と器具を京都から発信

店舗の営業時間変更のお知らせ

1月22日、エスプレッソマシンのメンテナンスとスタッフの勉強会のためにKyoto Stand&Ebisugawa共にClosed致します。 ご迷惑おかけしますがよろしくお願いいたします。

3 CEDARS COFFEE(大分)2024年1月Kurasuパートナーロースター

今月のKurasuパートナロースターは、大分県の3CEDARS COFFEE。「三つの杉」という名前には、ロースター・三杉さんの心の深奥に根ざしたコーヒーへの愛が刻まれています。コーヒー豆屋としてスタートし、今年で8周年を迎える3 CEDARS COFFEEは、コーヒーラバ―の間で「3CEDARS COFFEEの豆は美味しい」と好評です。そんな三杉さんが歩んできた道を伺いました。 三杉さんは、大学卒業後に福岡のコーヒーショップでバリスタとしての経験を積み、店舗立ち上げの初期メンバーとして関わるなど、コーヒーの「川上から川下まで」の全過程に触れられます。まだシアトル系のコーヒーカルチャーが広まり始め、カフェラテやカフェモカが一般にも広く知られるようになった頃でした。   このように長年コーヒーの仕事へ携わってきたベテランの三杉さんに、スペシャルティコーヒーに最初触れた頃の記憶を伺いました。20年ぐらい前の話。品評会で受賞したロシナンテ農園のコーヒー。透明感があり、きれいな甘さのあるコーヒーでした。コーヒーに長年携わりながらも、記憶に残るコーヒーは指で数えられるほどというのが現実。そのような中で「その頃の記憶だけは、一生大事にしたい」と語ります。   3 CEDARS COFFEEの立ち上げ前、中米にコーヒー豆の買い付けに行かれた三杉さん。「店はないものの、豆を購入すれば売らないといけないという状況をつくれる」と自分を追い込んだそうです。豆を売るためには、液体よりも豆のままで届けた方がベストだと考え、コーヒー豆屋として開業。最初は、コーヒーを飲みに来られた方々を断っていくしかない状況が辛かったそうです。しかし、豆のプレゼンテーションをしたいという強い想いで続け、コーヒー豆屋として認知されファンも増えていきます。     コーヒー豆の焙煎に深いこだわりを持つ3cedars coffee。世界中のコーヒーロースターが愛用するプロバッドのUG22kgを使用しています。三杉さんがコーヒー業界に足を踏み入れた当初、George Howell Coffee、Square Mileなどの当時の美味しい有名なコーヒー店がプロバットの焙煎機を使用していてプロバットに憧れるロースターが増えたという逸話もあるそう。そのアナログな操作性が持つ魅力と蓄熱性の高い焙煎ならの特徴である甘さを想像しながら、今回届くコーヒーを楽しんでほしいです。   これから未来を見据え、三杉さんは若い世代にスペシャルティコーヒーの魅力を届けるべく、カフェの開業を目標に掲げています。近年、品種やテロワール、プロセスの境界を超えて進化するコーヒーの世界。そんな中でも三杉さんが目指すのは、伝統的な味わいも大切にしつつ、多様なコーヒーの選択肢を提案し、客一人ひとりの味覚に寄り添う一杯を追求し続けることです。