ショッピングカート

ショッピングカートは空です。

ショッピングを続ける

Tsubasa ブログ:計画的に、美味しくコーヒー豆を使う。

こんにちは、 Tsubasa です。  家で気軽に楽しく淹れるコーヒー。 でもせっかくなら、しっかりおいしく飲みたい。 買ってきた コーヒー豆 100g を、 ムダ無く。 計画的に。 おいしく。淹れる。 そのため、真剣に向き合った時… ぼくの場合、こんなステップになります。 1. 焙煎日から9日待つ。  -購入後 すぐ飲みたい気持ちを抑えます。心の修行です。(残り100g) 2. 1~2粒食べる。  -意味はありません。おいしく淹れる前の儀式です。(残り99.5g) 3. 硬い豆は、少し細かく挽く。お湯の量は多めに 200g~215g。   柔らかい豆は、少し粗めに。お湯は少なく170g~190g。  -食べると少しレシピの参考になったりする事も。   1度に使う豆の量は13.5gで固定します。 4. 最初の1分に120%集中する。  -蒸らしは40g~50g。6s~7sかけて淹れるのが好きです。 5. 美味しく飲む。  -飲みながら、明日どんなふうにドリップするか考えます。(残り86g) 6. ちょっとチャレンジする。  -お湯を増やしたり減らしたり、挽き目を変えたり。(残り72.5g) 7. 数日かけてチャレンジを続ける。  -残り17gまでは焦らず、色々試します。(残り17g) 8. 17g。贅沢に使って淹れる。  -最後の1杯。だいたい焙煎日から2週間と少しほど経過している事が多いです。   とにかく甘いコーヒーが飲みたい。     経験と知識をフル稼働してコーヒーの甘さとバランスにこだわります。   最初の1分の間に170gぐらい注いだりします。(残り0g) 9.  新しいコーヒー豆を買う。   -最近はOnlineで買い物をする事が多いです。    焙煎日が新しい豆が届けばラッキー。また心の修行からスタートです。 最後に。蛇足ですが、豆の硬さの話は、ぼくの感覚すぎるので、 Kurasu Roastの豆の中からふわっと例を紹介しておきます。 House Blend Dark - 柔らかい。 冬萌 - 硬め。なかでも少し柔らかい。 Colombia Alipio Zuniga - 硬い。 Ethiopia Karamo Natural - 硬い。Colombiaとほぼ同じか少し柔らかい程度。

x