5 Trending Japanese Drippers- 世界から注目を集める日本のドリッパー5選

5 Trending Japanese Drippers- 世界から注目を集める日本のドリッパー5選

8月 21, 2018 0 コメント

ドリッパーでどれほどコーヒーの味わいが変わるか、ご存知の方は少ないのではないでしょうか。 そこで今日は、日本製のコーヒー器具を幅広く取り扱うオンラインショップ、カフェを運営するKURASU KYOTOが、バリスタの視点から日本製の素晴らしいドリッパー5点をご紹介します。

 

HARIO V60

 

日本のご家庭でも、世界中のコーヒーショップでも多く愛用されているHARIO V60。KURASU KYOTOでも使用しています。 選ばれる理由は、特徴的なスパイラルリブ。 水の流れが非常にスムーズで、お湯を注ぐスピードによって抽出を自在にコントロールできます。 浅煎りから深煎りまで、どんなコーヒーでも好みの味に。 素材もプラスチック、セラミック、メタル、コッパーなど豊富な種類から選べるのも魅力です。

 

 

Kalita Wave

抜群の抽出コントロールと安定した結果で知られるKalitaドリッパー。波打つ形状が特徴的なカリタウェーブシリーズはHARIO V60に負けず劣らず世界中のバリスタに愛される名品です。 小さな3つ穴を通って水が落ちてゆくため、他のドリッパーに比べややゆっくりと、均一なスピードで抽出されます。 特に銅製ドリッパーは熱伝導に優れているため、抽出がより安定し、非常に滑らかで奥行きのある風味が表現できます。

 

TORCH マウンテンドリッパー

ハンドドリップ初心者の方にもオススメなのが、スタイリッシュなデザインのマウンテンドリッパー。内側に広がる二段のリブによりお湯の速度は一定に保たれ、合計5つの穴がスムーズにお湯を落とすため、浅煎りや中煎りなどのクリーンな酸や甘みを出したい時に最適です。ペーパーフィルターはHARIOやKONOなどの円すい形フィルター、もしくはカリタウェーブのフィルターをお使い頂けます。

 

 

安清式ドリッパー

石川県、山中漆器の技術を使用し製作されている木製ドリッパー。1つ1つ職人の手により丁寧に削り出されています。段になった水平リブによりお湯が一定のスピードで落ちるため、スムーズで雑味のない、スッキリとした口当たりに。KURASU KYOTO店舗で各種ドリッパーの飲み比べをして頂いた時にも、必ず人気上位に入るドリッパーです。

 

MUNIEQ Tetra Dripper

軽量で持ち運びに便利な、折りたたみ式ドリッパー。元々はアウトドア用にデザインされていますが、その抽出は他のドリッパーに全く引けを取りません。両面に大きな穴があるため抽出が速いかと思いきや、実は横面積が小さい分、コーヒーの粉に高さが出るので、お湯がコーヒーにじっくりと染みわたり、バランスがよくしっかりとしたボディーが表現されます。

それぞれ違った味わいやスタイルを楽しめる魅力いっぱいのドリッパー。ぜひ、お好みに合ったものを探してみてくださいね!

>>オンラインストアでドリッパーを見る