ショッピングカート

ショッピングカートは空です。

ショッピングを続ける

Kurasu Journal

Tag: ORIGAMI

『コーヒー✖️〇〇』第2話 MarketingTeam Naoのストーリー

皆さん、こんにちは! 新しく連載がスタートしました、『コーヒー✖️〇〇』 コーヒー大好き!個性豊かな人がぎゅぎゅっと集まったKurasu、スタッフそれぞれのコーヒーにまつわるストーリーをお届けします。 第2話はマーケティング部海外チームのNaoです。 元々Kurasuにお客さんとして来てくれていたNao そんな彼女のコーヒーストーリーをどうぞお楽しみください。     “気がつけばいつも側にコーヒーがありました”  『コーヒー×コミュニケーション ~Coffee×Communication~』 Chapter1 「コーヒー×コミュニケーション」    Chapter2 「コーヒーとの出会い こうしてコーヒーに魅了されました」   Chapter3  「オススメのコーヒー器具」    ・「コーヒー✖️コミュニケーション」 幼少期の頃から、コミュニケーションの場にはいつもコーヒーがありました。親の仕事の都合で、5−16歳までの約11年間をオーストラリアで過ごしました。 週末はワイン好きな親に連れられてワイナリーの庭でワイナリードッグと遊んだり、学校終わりにはコーヒー好きな親と一緒にカフェでベイビーチーノを飲んだり…こうして振り返ると、我ながらすごく楽しくて恵まれた環境で育ちました。もう一度子供の頃に戻りたいですね。(笑) 家族と過ごす時間はいつもコーヒーと共にあり、幼い頃からコーヒーを身近に感じていました。 両親が楽しそうに今日のコーヒーは美味しいね、などと意見交換をしたり、ママ友とコーヒーを片手にお話ししたり、日常的にコーヒーライフをエンジョイしている様子に子供ながらに憧れていました。 「早く私もコーヒーが飲めるようになりたい!」という思いも虚しく、ブラックを飲めないまま帰国することになりましたが、その「コーヒーを片手におしゃべり」の夢は、数年後イギリスで叶えることになります。   ・コーヒーとの出会い 大学2年生から3年生にかけて、交換留学でイギリスに10ヶ月滞在しました。 マンチェスター郊外の田舎町だったのですが、その規模の割におしゃれなコーヒーショップがたくさんありました。友人と一緒にコーヒーショップに行って、学生生活についておしゃべりしているとあっという間に時間が過ぎ去りました。 また、たまたまコーヒーオタクな台湾からの留学生と仲良くなり、コーヒーについて色々と教えてもらうことができました。寮で手挽きミルで浅煎りのコーヒーを挽いて淹れてくれることもあり、ちょっとだけ私もミルを借りてコーヒーを挽いてみたのですが、硬くてびっくり。このように度々寮でスペシャルティコーヒーを振る舞ってくれたナイスガイは、今でも友達です。Kurasuに入社したことを報告した時は、”You’re so fortunate to work there!”と言ってくれました。(笑) 今こうして振り返ると、オーストラリア時代お子ちゃまでコーヒーが飲めなかった頃に憧れたコーヒーシーンを、イギリスで満喫することができました。 もちろん今も、家族や友人、Kurasuスタッフとコーヒーブレイクをともにしています。家族や友人との楽しい思い出はいつもコーヒーとともに。 これからもたくさん増えていくことでしょう! ・おすすめのコーヒー器具 ズバリ、ORIGAMIドリッパー! 私は2020年3月、コロナが流行し始めた頃に大学を卒業し、4月に京都の精密機械メーカーに入社しました。引っ越したばかりの1Kの部屋で、一人でリモート入社式に出席し、そのまま同期や上司と直接会うことがないままリモート研修に突入。当時まだ実態のよくわからなかったウイルスや慣れない新社会人生活への不安、そして家族や友人に会えない寂しさから心身ともに疲弊してました。 このように一人の時間が増えたことがきっかけで、より一層コーヒーにハマり、おうちコーヒーを始めました。実は、Kurasuで一式コーヒー器具を揃えました。(笑)この記事を読んで下さっている方で、私と同じような方もいらっしゃるのではないでしょうか?   器具を買おうと決心してKurasu Ebisugawaに行くと、Ayakaさんが接客してくださりました。「黄色のOrigamiドリッパーにコーヒーをセットすると、ひまわりみたいだよ」というキラー文句に後押しされ、その場で購入。その後もちょこちょこTetsu KasuyaケトルやPitchiiサーバー、Wilfaなどを買い足して、どんどんおうちコーヒーが楽しくなっていきました。 個人的にOrigamiはかなりすっきりと甘みのあるコーヒーが淹れられる印象です。味わいも好みですが、Ayakaさんに勧めていただいた通りの可愛らしい見た目が好きです。おうちでコーヒーを淹れる時は、大体疲れている時や今だと暑くて外に出る元気がない時です。そんな時こそ気分を上げたくなるので、見るだけで心がぱっと明るくなるひまわりドリッパーがお気に入りです。 レシピは、Kurasuのベーシックレシピを忠実に再現することを意識してます。良原さんが時間と分量を守ることが大事とおっしゃっていたので、この二点を意識して安定して美味しいコーヒーが淹れられるように心がけてます。同じレシピを繰り返すことで、毎回のブレを感じやすくなるので勉強になります。また、たまに他のドリッパーで試してみてドリッパーごとの味わいの変化を感じるのも楽しいですよ。    ...

新商品!ORIGAMIドリッパーAir

大人気のORIGAMIドリッパーシリーズから樹脂製ドリッパーが登場!ORIGAMI史上最も軽く、丈夫な仕上がりに。 美しく機能的なリブはそのままに、陶磁器製から樹脂製になったことで約50%の計量仕様になり、耐衝撃性も向上。アウトドアコーヒーにもぴったりです。 詳細はこちらから!今すぐ手に取っていただきたいエアリーで可愛らしいドリッパーです。 また、店頭でも販売を開始します!Ebisugawa店では2/9(水)〜、Kyoto Standでは 2/11(金)〜となっております。実際に見て買える機会は少ないと思いますので、ぜひ足を運んでみてください。 *タイミングによっては売り切れになっている場合もございます。ご了承ください。

ORIGAMI ドリッパー 抽出レシピ: How we do it at Kurasu Kyoto

今年のWorld Brewers Cup チャンピオンバリスタ、Jia Ning Du さんが使用したことでも更に注目を集めているORIGAMIドリッパー。今回は、ハリオV60・カリタウェーブとの比較や、私たちがおすすめするレシピをご紹介します! ORIGAMIドリッパーの魅力は、その柔軟さ。ハリオV60などの円すい形フィルターと、カリタウェーブフィルター両方が使えるデザインで、それだけに、挽き目や淹れ方、使用するフィルターによって幅広い味わいを表現できます。V60やカリタウェーブそれぞれを単体で使用するよりも、様々なドリッパーの強みを組み合わせた自由な淹れ方が楽しめます。 ハリオV60やカリタウェーブの基本のレシピを使ってもOK。しっかりとそれぞれの特徴を活かした味わいが引き出される優れものです。 大きな一つ穴、円すい形と形状が似ているだけに、V60のレシピを使用すると、V60での抽出に非常に近い味わいで抽出されます。お湯の投入スピードと抽出スピードが良く連携しているため、抽出コントロールの自由度はV60よりもやや高い印象です。 ウェーブフィルターを使用したレシピでは、ウェーブの安定性は生かされたまま、よりスムーズな抽出ができます。 ハリオやカリタなどの磁器製ドリッパーと比べると、薄い作りのORIGAMIドリッパー。冷めやすい分、クリーンで甘みが強く、酸味もかどが取れたまろやかな抽出が行えるのが特徴です。 今回はそんなORIGAMIの特徴を活かしたレシピを、Kurasu Fushimi Inariからお届けします。 <ORIGAMIドリッパーレシピ>(抽出量:170〜180g前後) コーヒー:15g 水:270g(88〜90℃) 1. 0〜30秒で、40gのお湯を投入 2. 30〜60秒 130gのお湯をゆっくり、じっくり注ぐ 3. 60〜80秒 270gのお湯を一気に投入する 4. 合計1分20秒でドリッパーを外す   使用するコーヒーは15g。 細挽き(EKグラインダー#6.5 前後)です。 細かくグラインドすることで、抽出の前半に良い成分が一気に抽出され、ネガティブな味わいが出やすくなる前に抽出を終える事ができます。粗めに挽いてスピーディーに抽出すれば、あえて軽めの味わいを出すこともできます。 左:ハリオV60のための挽き目、右:ORIGAMIのための挽き目。V60よりもやや細かめにグラインドしています(EKグラインダーを使用) 湯温は比較的低めの88〜90℃。これにより、ネガティブな成分を比較的抑えられます。コツは抽出時間を守り、お湯が落ち切っていなくてもドリッパーを外して抽出を終えること。フィルターの湯通しもしておきましょう。 はじめの30秒で、40gのお湯を投入します。次の30秒で130gをゆっくり、じっくり注いでいきます。コーヒーの良い成分を丁寧に、かつ効率的に引き出すプロセスです。  1分から1分20秒で、残りの270gを一気に投入。時間が来たら、お湯が落ちきる前にドリッパーを外し、雑味が落ちないように。 このレシピで、濃くなり過ぎずクリーン、でも甘みがしっかりと引き出された、まろやかなコーヒーが抽出できます。 非常に多様な味わいを表現できるのが魅力のドリッパーですので、今回ご紹介したレシピを元に、ぜひ色々な要素を組み合わせて、楽しんで抽出してみてくださいね! ORIGAMIドリッパーSサイズを見る その他の抽出レシピを見る