ショッピングカート

ショッピングカートは空です。

ショッピングを続ける

Kurasu Journal

Tag: Kashi by Kurasu

kashi by Kurasuとレモンケーキ。

 『Kurasuのコーヒーが側にあることをイメージして』 +-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-   こんにちは! 「あったらラッキー!」と言われるほど、Kurasuのカフェで人気の焼き菓子 “レモンケーキ”今日はその製造の裏側と、今まであまり語られていない『kashi by Kurasu』に関して、パティシエールのNatsukoにインタビュー!お気に入りのコーヒー片手に、休日やお仕事の休み時間など、ゆるりとした時間を過ごしたい時に読んで頂けたら嬉しいです。   +-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-   ・どうしてレモンケーキ? Natsuko:「これからの暑い時期にも食べやすい焼き菓子を作ろうと思ったのがきっかけです。 「どんなスイーツにしようか考え始めたのが春頃で、ちょうどその頃の旬のフルーツにレモンがあったので、爽やかさも十分にあるし、焼き菓子に使いやすいなと思い採用しました。成型した時の形も愛らしく気に入っています。」 ーーー焼きたてのケーキにレモン果汁をたっぷり染み込ませている様子。ツヤツヤころんと。かわいい。       ーーー生地に練り込まれているレモンピール、食感が楽しい。ミモザのように見える、綺麗な黄色の皮は毎回削りたてを使用することで、爽やかなレモンの香りがしっかり生地に移る。   ・Kurasuのコーヒーとのおすすめのペアリングは? Natsuko:「浅煎りの豆だと『インドネシア フリンサ・コレクティブ』 がおすすめ。しっかりとした甘味と程よいボディ感があるバランスの良い豆なので、レモンの酸味とも喧嘩せず相性もいいのではないかなと思います!これからの時期はアイスコーヒーと組み合わせて涼しげに食べてもらうのも!」     ・素材のこだわり Natsuko:「Kurasuに来てくださるお客様は食にこだわりのお持ちの方や海外の方の利用も多いので、新しい焼き菓子を作るときは、ただ美味しい焼き菓子を作るだけじゃなくて、何か一つでも変わったポイントを取り入れようと心がけています。 今回は『グルテンフリー』と『乳製品フリー』を掲げて、それぞれ米粉とソイレブールという植物性の油脂を使用しました。」   「米粉は小麦とは異なる食感が特徴的です。焼き立てはモチッとした食感、そこからは、ホロっと口の中で解れるようになります。腹持ちもいいのでちょっと小腹が空いた時には最適! また、グルテンを控えている人にもぜひ試していただきたいです。」   Natsuko:「『ソイレブール』はクリーミーですがバターよりもあっさりした後味、少し塩味のある油脂です。その分使用してる食材の風味を生かしやすいので、レモンの爽やかな風味にマッチしやすいと思い今回初めて使ってみようとなりました。 何よりもバターよりも重たくないので暑い季節にはぴったりだなと思います。 そしてバターと同じような使い方ができるのが魅力的です。柔らかくしたり、砂糖と練り混ぜたりするのも楽チンなので作業しやすい点もとても助かっています。」   ーーーNatsukoは「楽ちん」と言っていますが、このバターはなかなかの曲者。溶けやすく、質感が変わりやすいので俊敏な動きと効率的な作業工程が必要。ほわーんと癒し系のNatsukoですが作業中は無駄のない動き。まさに職人でした。 ーーーオーブンから漂ってくる、甘い香りと少しづつ膨らんでいくケーキを眺めているだけで幸せな気持ちに。思わず喉がゴクリと鳴りました。   ・大切にしていること kashi by Kurasuについて Natsuko:「kashi by Kurasuができてちょうど一年くらい! 今でも大切にしているのは、『コーヒー屋さんが作るお菓子』であることです。 こんなお菓子があったらコーヒーに合うかな〜、、こういうペアリングはどうかな〜、といつでもKurasuのコーヒーが側にあることをイメージしながら作っています。 今は新しいメンバーのRikaちゃんも増えて、少しずつレパートリーも増えてパワーアップしている最中です。お菓子があることで普段のコーヒータイムがよりHappyになるように、自分たちも楽しみながらkashi by...

Kurasuのお菓子の話:Kashi by Kurasu

みなさんこんにちは。早速ですが、Kurasuがお菓子を作っていること、ご存知でしょうか?今回はKurasuオリジナルブランド "Kashi by Kurasu"のご紹介です。 そもそもKashi by Kurasuはどのように生まれたのか、パティシエのNatsukoは誰なのか。この記事を通して、みなさんにKashi by Kurasuの魅力をお伝えできたらと思います!   Kashi by Kurasu、誕生 Kurasuはスペシャルティコーヒーショップとして、最高のコーヒーをお客様にお届けできるように努めてまいりました。コーヒーへのこだわりを突き詰めていく中で、自然と芽生えたある想い。 「お菓子作りも自分たちで責任を持って取り組みたい」 「みなさんのコーヒーシーンをより豊かにしたい」 熱い想いが募る中、2021年、伏見稲荷から西陣ロースタリーへの引っ越しを機にパティシエのNatsukoを迎え、キッチンスペースを設け、Kashi by Kurasuがスタートしました。   Natsukoってどんな人?   Natsukoは約4年間京都のコーヒー屋さんで働き、夜間の製菓学校でお菓子作りを学んだ後、Kurasuに入社しました。コーヒーの知識と愛も十分に兼ね備えたフレッシュなパティシエなのです。 実際に、味わいのバランスやコーヒーとのペアリングを考える際、バリスタの経験がとても役に立っているそう。京都店や夷川店、月に一度の西陣営業日で提供しているオリジナルのお菓子はどれも絶品。焼き菓子の甘みが優しく口の中に広がり、コーヒーの豊かな香りを引き立てくれます。   「甘いものがあるだけでHappyな気持ちになります。コーヒーに甘いものは付き物ですがコーヒーの風味や余韻を消してしまわぬように、甘さや風味のバランスをとても大切にしています。」ー Natsuko   Kurasuに入社する前は、お客さんとしてKurasuによく通っていたNatsuko。Kurasuへの理解も深く、まさにKashi by Kurasuの立ち上げにピッタリの人材でした。 Kurasuが好きだからこそ、Kurasuに入るプレッシャーや葛藤があったとのこと。また、製菓学校を卒業しているもののパティシエとしてのキャリアはなく、不安も大きかったそう。それでも元から交流のあったゼネラルマネージャーのAyakaの誘いを引き受け、Kurasuの魅力、コーヒーの美味しさを存分に引き出せるように日々お菓子作りに取り組んでいます。Natsuko、ありがとう!   「Kurasuに来られるお客様は海外の方や食にこだわられている方も多くいらっしゃるので、ヴィーガンやグルテンフリーのスイーツなどにも挑戦し、シンプルな材料でどんな方にも手にとっていただけるおやつ作りを目指しています。」   お菓子とコーヒーでホッと一息、いかがですか? Kurasuの想いを背負ってNatsukoが一つ一つ丁寧に手がけるお菓子は、Kurasu京都店、夷川店、そして毎月第二土曜日に営業している西陣ロースタリーで提供しております。 Kurasuの抹茶やほうじ茶を使ったスノーボールクッキー、ハウスブレンドダークを使用したコーヒーフィナンシェなど、どれもKurasuのコーヒーと相性抜群です。西陣ロースタリーでは月替わりでお菓子を考案しているので、毎月その営業日限りの特別なお菓子をお楽しみいただけます。 お菓子の詳細は公式インスタグラムkurasujpで随時発信致しますので、フォロー宜しくお願い致します!  ======各店舗の営業時間======⁠ 京都店・平日12pm-6pm(水曜定休日)⁠・土日祝 8am-6pm ⁠⁠夷川店・月〜日 10am-6pm  西陣ロースタリー・毎月第二土曜日 10am-4pm (変更はインスタグラムで告知致します。)   おまけ 〜NatsukoへのQ&A〜 Q.今まで作ったお菓子の中で一番のお気に入りは?...