ショッピングカート

ショッピングカートは空です。

ショッピングを続ける

Kurasu Journal

Tag: Hario

実は深い、Hario Switchドリッパーの使い方

こんにちは! 今回ご紹介するのは『Hario 浸漬式ドリッパースイッチ』 スイッチ、皆さん使ったことはありますか? そのユニークな見た目と、手軽な抽出方法で発売から一気に人気を博したドリッパーです。 どんなところが人気のポイントなのか、実際にコーヒーを入れながらその特徴をちょっとマニアックな話も交えつつ Head  Barista Tsubasa が解説! 欲しいけど悩んでいる方や、既に持っているけれど使い方がワンパターンになっているなと感じている方、必見です! -+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+- ・スイッチならでは 3つの大きな特徴 スイッチドリッパーには上記の通り、大きく3つの特徴があります。その中でも聞き慣れない言葉、「浸漬式」と「透過式」についてご説明します。 「浸漬式」とは、フレンチプレスやサイフォンなど、コーヒー豆をお湯に漬けて抽出する方法のこと。 「透過式」とは、皆さんに馴染みのあるハンドドリップがそうで、コーヒーの入ったドリッパーの上からお湯を注いでいって抽出する方法のことです。 この2種類の抽出方法は、名前が違うだけでなく、コーヒーの味の出方も全く違います。 次に準備するものをご紹介します。 動画の中で使用している器具はこちら! ・ドリッパー:「Hario 浸漬式ドリッパースイッチ」 ・グラインダー:「Varia Hand Grinder」 ・ペーパーフィルター:「CAFEC 円錐形フィルター  アバカフィルター」 ・コーヒー豆:「グアテマラ アントニオ・コロム [浅煎り]」 動画のとおりお家で再現してみたいという方はぜひチェックしてみてくださいね。   『Let's drip!!』 準備はいいですか?それでは実際に淹れてみましょう! ・スイッチドリッパー抽出方法 まずは、コーヒー豆10gを94クリックで挽きます。 ※挽き目はこちらを参考にお手持ちのグラインダーで挽いてみてください 1「浸漬式」の淹れ方 ①ペーパーフィルターをセット ② 94℃の熱いお湯でリンス&スイッチドリッパーを温めます※Point!: スイッチはサイズが大きくガラス製なのでドリッパーの温度を上げる為にしっかりお湯を入れて温めてください。 ③ドリッパーが温まったらスイッチを下げてお湯を落とします ④10gの挽いた豆をドリッパーに投入※Point!:お湯を入れ始める前に、スイッチがしっかり上がっているか確認してください。 ⑤タイマーをスタート。全体にお湯が行き渡るように注いだら、あとは15秒かけて160gのお湯を一気に注ぎいれる ⑥タイマーが2分になったらスプーンで全体を大きく3往復攪拌 ※Point!:ドリッパー全体を大きく動かすようなイメージで攪拌してください。 ⑦2分15秒になったら、スイッチを下げて落ちきりまで待って抽出完了!  ...

お勧めのおうちコーヒー By Head Barista Tsubasa

こんにちは! Tsubasaです。 今日は、Home Brewの業界にスティーブ・ジョブズが現れた話。 …そんな話はありませんが(笑)、 そのぐらい革命が起きた話をしたいと思います。 ブログを読み終わる頃には、コーヒーを淹れたくてウズウズしているはず。 今のうちにコーヒー豆のオーダーしておいた方が良いかもしれません。       では、本題に。   皆さんはおうちでコーヒーを淹れる時、どんなことを考えていますか? ・お店で飲んだ味を再現したい。 ・おいしく淹れたい。 ・楽しく淹れたい。 etc…   人それぞれ、いろいろですよね。   ただ共通認識として、 お店で飲むような味が、お家でも飲めたらなぁ... というのはあるように感じています。   斯く言うぼくも、ずっとそんなふうに考えて悩んできました。   ・お家にはお店のような業務用スペックの機械はない。 ・プロのバリスタとコーヒーを淹れるために準備された空間が合わさっても、  緻密にレシピを考え守る必要がある。 ・徹底したエイジング管理の必要もある。   考えても考えても、埋めることのできない差ばかり。 良い案なんてすっかり浮かびません。 私生活から仕事まで、頭の中はコーヒーでいっぱいのTsubasaが考えても、やはりとても難しく感じます。 う〜〜ん。。。。 家でコーヒーを淹れるってこんなにハードルが高いことなんでしょうか?? こんな事を、ぐるぐると考えてました。   するとある日、不意にジョブズの声が聞こえてきたのです。   「常識にとらわれるな」   常識を捨て、お湯や温度計を使うのをやめてみよう。   思いついたら、もう試さずにはいられません。   そんなこんなで突如降ってきたアイディアをベースに検証を重ね、 「お家でしかできない」レシピが完成しました。  ...

Harioの新商品試してみました!

こんにちは、KurasuのHitomiです。  もう4月ですね、新生活が始まった方も多いのではないでしょうか? この時期は、”新”という漢字をよく目にするかと思います。 新生活、新社会人、新学期、、、、、新商品!! という事で、もうご存知の方もいるかと思いますが今回はHarioからリリースされた新商品 「MUGEN」・「V60 ドリップアシスト」・「W60」の3つを使ってみた感想を皆さんにシェアしたいと思います!     MUGEN   まずは、V60 1回抽出ドリッパー「MUGEN」 ドリッパーはこんな感じ。 上から見ると手裏剣みたいですね。だからパッケージの蓋も唐草模様っぽいのかな? 確かにリブが全然なく落ちるのが遅そうな印象。 では、実際に抽出。   Let’s MUGEN!   Harioさんからの商品紹介は以下の通り >Hario: 注ぐお湯は一回だけで抽出できるドリッパーです。内側に凸のリブがなく、ドリッパーにペーパーが張りつき星型の『溝』を伝ってゆっくりとコーヒーが抽出されます。ホルダーは取り外せるので、スタンドにのせてドリッパー本体だけで使用することも可能です。 なるほど。 前回のSwitch同様お湯を注ぐのは一回だけ♪の、1回抽出のドリッパーということですね。 ただ、今回は浸漬式ではなく透過式!どんなお味がするのでしょうか? 今回はHario推奨のレシピで検証 ・コーヒー20g(中挽き) ・お湯240ml(91度) ・一投淹れなので蒸らしはなし 使用した豆は、浅煎り【Rwanda Ruli】と中深煎り【House Blend Dark】   1回目 特に時間を意識せず注いだ結果(約30秒) ・すっきりとした味わいでフルーティーな酸味が出ている印象。 2回目 1回目よりも気持ちゆっくり注いだ結果(約45秒) ・ボディ(コク)がしっかりして甘さが立っている印象。舌触りも前者に比べて少しとろみがある。    焙煎度合い違いで比べてみましたが両者傾向は同じでした。 使ってみた感想としましては、個人的には結構好きです! 繊細な味わいやクリーン且つ酸味の輪郭がはっきり出ていたので一投淹れの中では好みな味わいでした。   -------------------------------- 【結論】 何より思ったことは “すごく簡単!” という点です。...

Hario ハリオ 浸漬式ドリッパースイッチの3通りの淹れ方に迫る…!

第二回目スイッチドリッパー検証!    こんにちは、KurasuのHitomiです。    今回は話題のハリオ 浸漬式ドリッパースイッチの検証。 前回のOrigamiブログ読んで頂きましたでしょうか? Hario 浸漬式ドリッパースイッチってなに? そもそも、浸漬式ドリッパースイッチってなに?って方に説明すると、 2019年の3月にHarioから発売された浸漬式ドリッパー。 なんと!まだ発売されてから2年しか経ってないにも関わらず、既に人気で知名度も高いドリッパーです。 発売当初から注目度があったのですが、2007年のワールドバリスタチャンピオンJames Hoffmannが昨年の2020年11月に自身のYouTubeチャンネルでHario Switchの動画をあげた事で再度注目、人気が上がりました。 前回のORIGAMI ドリッパーに続き、いかにチャンピオンの影響が大きいかも感じられますね。 私もコロナが落ち着いたらコーヒーの大会に出たい…! 本題に戻る前に、ざっくり抽出方法について説明したいと思います。 コーヒーには大きく分けると2通りの抽出方法があります。 透過式と浸漬式です。 ハンドドリップやネルドリップみたいにコーヒーの粉にお湯を注ぎ、お湯を透過させて成分を引き出す方法を透過式。 フレンチプレスや水出しみたいにコーヒーを、一定の時間お湯に浸して成分を引き出す方法を浸漬式。 厳密にいうと他にも色々ありますが今回は割愛。 Switchドリッパーは後者ですね。     では次にドリッパーの仕組みを見ていきましょう。 ドリッパー部分はガラスでお湯が最大300ml入るドリッパーサイズ02の大きさです。 でも300ml注ぐとかなりいっぱいいっぱいなので240mlくらいまでをお勧めします。 ドリッパーにはサイズがあってHarioさんなら、01・02・03と大きくなってます。 ちなみにフィルターにもサイズがあるのでサイズに合うものを選びましょう。 下部分はゴムになっていて取り外しができ、別で売っているHarioのガラスドリッパーの03サイズをはめる事も可能です。一回でいっぱい作りたい方は03で! コーヒーが落ちてくる部分にステンレスの小さいボールがあり、それをクリップで開けたり締めたりしてお湯を溜めたり落としたり出来るようになってます。 なんともシンプルな構造。そしてなんと、抽出もシンプルに出来ちゃいます。 Harioの公式レシピが 中細挽きに挽いたコーヒー20gに240mlのお湯を一気に注いで2分経ったら一気に落とす!というもの。 誰でも同じ条件で均一な味が出せるので、コーヒー初心者の方でも簡単にコーヒーを淹れられる事が出来るんです♪    ただ、これだけではなくこのSwitchの良いところは、様々な淹れ方が出来るということなんです! ということで、、 今回は 公式レシピと一緒の、一投淹れ 普通のドリッパーとして淹れた、透過式ドリッパーとして 蒸らしだけお湯を溜めてその後は普通のドリッパーとしていれた、ハイブリッド式  の3つを比べてみました!   3つとも同じ条件で淹れてみるとどうなるのか? まずは、シンプルに挽き目、コーヒーとお湯の量は全く同じで比べてみました。 今回使った豆は、浅煎りColombia Luis...

ハリオV60 抽出レシピ

  Kurasuのカフェで使用しているカリタウェーブの抽出レシピです! ウェーブの特徴は安定して淹れられること。初心者でも安心して簡単に抽出ができます。 是非おうち時間のドリップコーヒーにご活用ください。 コーヒー:13gお湯:200g 90c~91c30gのお湯30秒蒸らし100gまでお湯60秒立ったら200gまでお湯ドリッパー: KurasuオリジナルブラックHario V60ドリッパー ケトル: KINTO (キントー)プアオーバーケトル サーバー:TORCH (トーチ)コーヒーサーバー ピッチ― グライダー:ハリオ コーヒーミル・スマートG  ハリオ モバイルミル スティック 

Hario V60の抽出レシピのQ&A // 5月16日 Live 配信

先日IGTV, YouTube に投稿したHario V60の抽出レシピのQ&A配信をします。⁠⁠5/16(土) 17:00-17:30 インスタグラムライブでHario V60を動画通りにもう一度ドリップしながら、皆さんの疑問や質問に答えていく予定です。インスグラム、もしくは下のコメントより質問お待ちしております!インスタグラムライブの後はYouTubeでも動画を投稿する予定なので、当日見逃された方も視聴できるようにしたいと思っていまsす。⁠⁠日本語と英語両方で配信を試みます。お聞き苦しいところもあるかと思いますが、ご了承ください。また、他の抽出レシピ(ウェーブ、オリガミ 、アイスコーヒー等)に関しては別日改めて配信をしていく予定です。土曜にお会いしましょう!⁠

HARIO V60 粕谷モデル 検証:プロダクトレビュー

先日の発売以来国内外から非常な注目を集めるHARIO V60 ドリッパー TETSU KASUYAモデル。 2016年、アジア初のWBC優勝を果たした粕谷哲氏プロデュースによるドリッパーです。黒色のクールな外見を除いては、一見従来のV60と似通っているように思えるこのドリッパー、実際に抽出にどのような違いがあるのでしょうか? そこで今日はKurasu Kyotoのバリスタ・ヘッドロースターを務めるMisakoが、クラシックなHARIO V60ドリッパーと話題の新商品・粕谷モデルとの違いを検証します。   粕谷モデルの最大の特徴は、リブがお湯の流れに影響している点に着目し、リブ形状をカスタマイズした事。また、下部のリブをなくしたことで、お湯が中央の一つ穴にすぐに落ち切らず、 抽出の後半にかけて注いだお湯までしっかりとコーヒーに触れる仕組みになっています。これらの形状は、粕谷氏が世界大会で使用した抽出方法、「4:6メソッド」をベースとした理論に基づいたもの。(4:6メソッドについてはこちらのブログ記事から) さっそく抽出してみましょう!今回は、両タイプとも02(2-4杯用)を使用し、抽出レシピは粕谷氏推奨の付属レシピを参照しました。   使用したのは HARIO V60 02 HARIO V60 02 粕谷モデル コーヒー豆 20g (EK #11 粗挽き、浅煎り) HARIO V60 02 フィルター    両方のペーパーフィルターをリンスし、同じ挽き目のコーヒー豆を20gずつセット。 1投目, 50gのお湯を注ぎ、45秒間蒸らす。 この時点で湯の流れに差異はありません。 2投目、70gのお湯を注ぎ、30秒待つ。 徐々にお湯の流れに変化が出てきました。 従来モデルのお湯はほぼ落ちきり、粕谷モデルの方ではまだ僅かに湯だまりができていました。 3投目、60gのお湯を注ぎ、30秒待つ。 このあたりからかなり大きな差が出てきました。 従来モデルは、ほぼ落ちきり。一方粕谷モデルは、お湯の流れがかなり遅くなり、水位がどんどん高くなっています。3投目からは濃度調整を行います。 4投目も同じく、60gのお湯を注ぎ、30秒待つ。 従来モデルはほぼ落ちきり、粕谷モデルは水位がドリッパー上部に近づいています。 最後の5投目。同じく60gのお湯を注ぎ、3分30秒でドリッパーをあげます。合計300gのお湯を注ぎました。 3分30秒の時点で、従来モデルのお湯はほとんど落ちきっており、出来高は270gほど。 粕谷モデルのお湯の流れはほぼ止まっていて、水位はまだドリッパーの高さの2/3ほど。こちらの出来高は180gをマークしています。そのまま、落ちきるまでの時間を計ったところ、全て落ちきるまでに9:30かかりました。   結果、味わいには明らかな違いが。従来モデルは非常にクリアで 優しい酸と甘み、ボディもほどよい。最初のインパクトは優しく、コーヒーを口に含んでいく中で風味が後半に向けて広がっていく印象です。 対して粕谷モデル。クリアな味わいは変わりませんが、濃度が高く、甘みが非常に引き立っています。 風味全体に奥行きが出て、最初のインパクトから、余韻の長さまでの印象がはっきりと強調されていると感じました。 抽出時間が長かったため、過抽出による渋みやドライな口当たりが懸念されましたが、粗挽きでクリアな味わいを保ち、ゆっくりと抽出することで、適切な濃度とコーヒーの持つ風味をより良く引き出すことができました。...

Kurasu コールドブリュー(水出しコーヒー) のレシピ :ハリオ フィルターイン コールドブリュー コーヒーボトル

毎日暑い日が続く今年の夏、さっぱり冷たいドリンクは欠かせませんね! Kurasu Kyotoでも、毎日たくさんのお客様にお楽しみいただいているコールドブリュー(水出し)コーヒー。ハリオ フィルターイン コールドブリュー コーヒーボトル を使えば、実はご自宅でも簡単に作れるんです。家族やお友達との集まりや、暑い中お客様をお迎えするおもてなしにも大変喜ばれます。 今回はKurasuで使用しているレシピを公開!ぜひ試してみてくださいね。 用意するもの  ハリオ フィルターイン コールドブリュー コーヒーボトル コーヒー豆 50g (EK #10番挽き、粗挽き) 常温の水 750g ケトル (注ぎやすいもの) デジタルスケール   1 ) ストレイナーにお好みのコーヒーを挽いて入れ、シリコンフレームにセットしボトルにはめ込みます。     2)シリコンキャップを開け、そこから常温の水をゆっくりと注ぐ。フィルターから出てくる液体が薄茶色くらいになるように、ゆっくり注ぎます。   3)750gの水を注ぎ込んだら、あとはシリコンキャップを閉め、お好みの時間休ませて抽出を待ちます。Kurasuでは8時間~15時間ほど寝かせます。   4)寝かせた後は コーヒーの粉が入ったストレイナーを取り外して完成です! 冷蔵庫保管で2日以内に飲み切るのをおすすめします。 濃度調整は水の量を減らしたり、コーヒー豆の量を5g増やしてみたりと、少しの変化で味わいに大きな差が出ます。色々試して、お好みの分量を探してみてくださいね。 水出しは、浅煎りから中深煎りまで、いろいろなコーヒーを美味しく楽しんでいただける抽出方法です。Kurasu Kyotoでは、浅煎りのコスタリカでコクが軽く果実感のある水出しを提供しています。 >>HARIOフィルターイン コールドブリュー コーヒーボトルを見る

Kurasu バリスタのお気に入り:Yumeka/ Hario V60 ドリッパー

Kurasuでは様々な商品を取り揃えており、カフェでも実際に使用しているものがほとんど。カフェを訪れるお客様にも、日々たくさんのお問い合わせをいただきます。 バリスタ達も日々実際に器具を使用する中で、それぞれ個人的にお気に入りがある様子。そこで私たちは彼らにインタビューをして、おすすめのコーヒー器具と、それにまつわる思い出を教えてもらいました! 第一回目はYumeka。 Kurasuオープン当初から輝く笑顔でお客様だけでなくスタッフの皆の心を癒すKurasuのアイドル、Yumekaのお気に入りは、ハリオV60 ドリッパー。その表現力の幅広さとユニークな形状で、スペシャルティコーヒーにはいまや欠かすことのできない、アイコニックな存在です。 ハリオV60 ドリッパー 01 セラミックホワイト ハリオV60 ドリッパー 02 セラミックレッド   Q1. あなたにとってハリオV60が特別な理由はなんですか? オーストラリアで働いていたころ、はじめてバリスタとしてお客様にハンドドリップコーヒーを提供した時に使っていたのが、HarioのV60でした。他の多くのカフェにおいてもV60が使われており、「日本の製品が海外でこんなに愛されているんだ」ということを目の当たりにしてすごく誇らしい気持ちになったのをよく覚えています。Kurasuで働き始めてから、Kalita waveやKonoなどの様々なドリッパーを使う機会があり、それぞれのドリッパーの素晴らしい特徴を知ることができました。その中で感じたことは、V60が出せる味の幅の広さです。Kurasuでは深煎りから浅煎りまで様々なコーヒーを提供していますが、基本的にそのすべてをV60を使って淹れています。どんなコーヒーもおいしく淹れることができ、自分の好きな味を出すことができる、私のお気に入りのドリッパーです!もちろん自宅でも愛用しています。 Q2. V60ならではの機能と言えば? V60の特徴は、まずは底部分の大きめの一つ穴です。お湯を一気に注ぎすぎてしまうと、他のドリッパーに比べてお湯が速く落ちてしまい、尖った酸味やえぐみのあるコーヒー(未抽出)になってしまうことがありますが、それにさえ気を付ければ、お湯を注ぐ速度を調整することで簡単にコーヒーの味を調整することが出来ます。少し速めのスピードでリズムよく注げば、すっきりと軽い口当たりのコーヒーになりますし、細い注ぎでゆっくりゆっくり抽出すれば、コクがでてまるみのあるコーヒーに仕上がります。また、ドリッパーの内側にらせん状の溝がつくられているので、そこが空気の通り道になり、コーヒーの粉が十分に膨らんで、しっかりとコーヒーのもつ味を引き出すことが出来ます。深煎りのコーヒーも美味しく淹れることができるのは言うまでもありませんが、これらの特徴によって、他のドリッパーと比べるとお湯が速めに落ちるので、浅煎りのコーヒーのすっきりとした風味を楽しみたい時には、特にオススメです! Q3. お客様からはどんなご質問をいただきますか? 最もよくいただくのは、やはり他のドリッパーと比べて何がどう違うのか、という質問です。例えばKalita waveと比較すると、まずは穴の大きさが全然違います。V60は大きな一つ穴なのに対し、Kalita waveは小さな三つ穴なので、お湯が落ちる速さが違ってきます。全体的にすっきりとしたコーヒーを楽しみたい方にはV60を、まったりとコクのあるコーヒーを楽しみたい方にはKalita waveをおすすめしています。また、Konoとv60は非常によく似た形をしていますが、溝の形状が異なり、Konoのほうがより強くコーヒーの味を感じることができます。そのぶん、酸味のバランスなどの調整は必要になります。他にもたくさんのドリッパーをご用意しているので、詳しくはぜひお店までいらしてください!   Q4. ハリオV60が気になっている、という方に一言! V60は、幅広い種類のコーヒーを美味しく淹れることができ、初心者の方も、コーヒーに詳しい方も、淹れ方によって味を調整しながら長く使えるドリッパーです。また、カラーに加えてプラスチックやガラス、陶器、銅など、素材のバリエーションも豊富なので、ぜひあなたのお気に入りのV60を見つけてみてください! 商品を見る  

KurasuのハリオV60 抽出レシピ

淹れ方次第で幾通りもの抽出を実現できることで、コーヒー好きの間で長く愛されてきたハリオ V60。 お湯の注ぎ方ひとつで様々な変化を楽しめるこのドリッパーは、まさに淹れる人を映し出す鏡のようで、私たちをいつまでもわくわくさせてくれる一方、扱うのが難しいと感じることもあるのではないでしょうか。 そこで今回は、Kurasu Kyotoのレシピをご紹介。豆や焙煎具合によって都度細かく調節してはいますが、基本的にはどんな豆でもお家でクリーンな一杯を楽しんでいただける、そんなレシピをご紹介します。     必要な器具: V60ドリッパー、円錐型ペーパーフィルター(使用前に湯通しする)、バーグラインダー、プアオーバーケトル、デジタルスケープ、サーバー、ストップウォッチ 12g コーヒー (約 EK43: 7 細~中挽き) 湯温: 92-96℃   STEP 1 ドリッパーにフィルターをセットし、紙の匂いを飛ばすために素早くすすぐ。     STEP 2 お湯を沸かす。92〜96℃がベスト。家庭用のケトルを使う場合は、沸騰してから1〜2分冷ますとよいでしょう。   STEP 3 フィルターにコーヒーを入れ、種を埋める程度の小さなくぼみを中央に作ります。   STEP 4 ドリッパー・サーバーをスケールに乗せ、0表示にして、注ぐお湯の重さを正確に測れるようにします。このレシピでは、12gのコーヒーに対し200gの水を使用します(60g/ℓ)。  STEP 5 ストップウォッチをオンにし、まずは先ほど作ったくぼみの中に注ぎ込むように、お湯を25g優しく注ぎ、蒸らしを行います。   STEP 6 30秒後、表面が沈み始めたら、再度お湯を注ぎます。110gまで注ぎ、1分まで待ってから200gのところまで注ぎます。フレーバーの角を取るために軽くかき混ぜ、待ちます。全行程はおよそ2分程度で完了します。